心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 16日

痛みとは構造とは別問題の電気現象です

b0052170_13414094.jpg
同じことを人体にあてはめて表現すれば次のようになります。
b0052170_13324986.jpg


急性の痛みは痛みの第一現場への介入で治癒することが多いのですが、痛みの悪循環が続いて慢性化すると、痛みの第二現場(脳脊髄)の責任が大きくなってきます。

痛みの記憶、パターン化、習慣化が生じるのです。

トリガーポイントブロックは痛みの第一現場に局所麻酔を注射することです。

硬膜外ブロックは神経根の付近に局所麻酔を注射することです。末梢から来る痛みの信号を待ち伏せするわけです。待ち伏せに成功すれば効きます。

結局、痛みの悪循環をいかに早く止めるかということなんです。

トリガーポイントブロックは簡単ですし、どこの痛みに対しても公平に行うことができます。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-12-16 13:34 | 痛みの生理学 | Comments(6)
Commented by ひつまぶし at 2008-12-16 20:37 x
あみだくじのお話を思い出しました(^^)
Commented by junk_2004jp at 2008-12-16 21:14
掲示板での質問に答えるために書きました。

身体のどこにある圧痛点に対しても公平に対応すべきですね。

顔面の圧痛点に対してはその神経根はどこなのでしょうか。

胸部にできた圧痛点に対して、どこに硬膜外や神経根Bをするというのでしょうか。
Commented by ひつまぶし at 2008-12-17 12:21 x
2007年 08月 11日「トリガーポイントブロックの名前を変えてみては」
にも書いてありましたね。

>胸部にできた圧痛点に対して、どこに硬膜外や神経根Bをするというのでしょうか。

「なぜそこに?」って聞いたら、お医者さんはちゃんと答えてくれるのかしら・・・・・
Commented by もも at 2008-12-17 23:32 x
なんか~~今 総合病院ややこしいんですよね。。 骨折は形成 ギブス持に出来た傷は外科で 皮膚の 痒みは皮膚科 一本の足の処置に三ヶ所の外来 受けないと行けない。。 やはり専門のドクター かからせる為にしては あちこちしなければ行けないのでしょうね。。

内科の慢性疾患あれば なおややこしい 。。

治らずに切断 しましたけどね 。。はぁぁ~ お知り合いの方 。。
Commented by at 2008-12-21 02:14 x
副腎は交感神経の節前線維に直接支配されているので、交感神経節ではシナプスを変えていないんじゃないのですか?
Commented by junk_2004jp at 2008-12-21 19:32
?さん、ご指摘ありがとうございます。この図は日本医師会雑誌からとったものに私がいろいろ書きこんだものです。

副腎の交感神経がどのようになっているのか、私は知りません。臨床的にはどちらでもいいので。といいても学生さんは試験で、引っかけ問題に使われますね。

今日のブログに図をのせますね。その図では交感神経節を介しているようにもみえます。


<< 外来タライ回し      頚椎ヘルニア?? >>