心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 31日

筋痛症(筋性疼痛)

今年もたくさんの筋痛症の患者さんを診させていただきました。

補償問題がからんでいようがいまいが、たぶんそういうことに関係なく筋痛症は発生し、慢性化することがあるように思えました。

わずかな外力で発生し、人を悩ませるので、医師は補償問題がからんでいるかのように思う人もいるのだろう。

痛みのあるところをよーく見てごらんなさい。たぶん健側と違ってみえることでしょう。

痛みのあるところをさわったり、押さえたりしてみてください。健側と違う印象でしょう。

わずかな外力、不意の外力(転倒、むちうち、矯正ひねりなど)、繰り返す単純作業、無理な運動、労働・・・これらのことがきっかけとなって、なかなか治らない筋痛症に発展してしまうという事実があります。

いかにそれを未然に防ぐか、いかに広がっていくのを防ぐか、慢性化したものに対してどのように対処すべきか、これらが課題です。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-12-31 23:06 | MPS | Comments(11)
Commented by sansetu at 2009-01-01 09:34
加茂先生、明けましておめでとうございます。
昨年もたくさん勉強させて頂き、ありがとうございました。
今年もみんなで進化したいものです。
今月は先生の本が届くのが今から楽しみです。
Commented by syaruruk at 2009-01-01 12:55
あけましておめでとうございます。
今年もよろしく御願いいたします(m。_。)m
チーム 筋痛症で、この厄介な状態(身体的にも社会的にも)の解決に向けて飛躍の年になりますように。
まずは、本読まなくちゃ。早く来ないかなあ。。。
Commented by keisyan at 2009-01-01 18:42
あけましておめでとうございます。
今年もいろいろな面でお世話をかけると思いますが、よろしくお願い致します。
Commented by elly_mylove at 2009-01-01 21:34
あけましておめでとうございます。

先生のご本が、革命を起こしますように。
今年早々の、私の祈りです。

今年も宜しくお願いいたします。
Commented by ひろたん at 2009-01-02 00:36 x
あけましておめでとうございます。

先日はお世話になりました。
2度目の下肢痛から脱出する方法を模索中です。
患者自身の気付きと実践。筋痛症に不可欠ですね。
近々成果をご報告させて頂きます。

今年は更にご多忙となりそうです。
先生、ぜひご自愛くださいね!!
Commented by Yuri at 2009-01-02 02:20 x
はじめまして!新年のご挨拶は喪中のため控えさせていただきます。
突然で 大変申しわけないのですが線維筋痛症というのは、(CK GOT GPT ミオグロビンなどの数値に異常をしめしたりしますか?
こんな質問のしかたで申し訳ありません。
Commented by junk_2004jp at 2009-01-02 10:44
はじめまして。

線維筋痛症で、そのような血液検査で特異的な異常があることはないと思います。
Commented by Yuri at 2009-01-02 11:13 x
ありがとうございました。
Commented by c-dunk at 2009-01-06 22:16
「筋性疼痛」
自分はこれが一番しっくりいきそうです、今年はこれでいきます。
Commented by TK(タク) at 2009-01-06 22:47 x
Cさんこんにちは。

筋性疼痛
今年の言葉ですか。健作ちゃんするとまだ、少ないようですが、これから認知されるのですね。

ttp://d.hatena.ne.jp/ucymtr/20081203/1228284147
水村和枝先生が提唱さたのでしょうか。
ttp://www.geocities.jp/dhtgky/new_page1.html

ところでucymtrさんの文献斜め読み
ブログ、心療整形外科がリンクされてます。

大変、ためになるサイトですね。(^o^)>ucymtrさん
Commented by c-dunk at 2009-01-07 08:39
TK(タク)さん、おはようございます。
ucymtrさんのサイトもためになりますね、お気に入りに追加しました。
ご紹介ありがとうございます。

筋性疼痛、どうでしょうか。なななか筋肉が表舞台に上がらないのが
現状なのでどうにか頑張ってほしいところです。


<< 筋痛症(筋性疼痛)はヒトを悩ませる      個を診る >>