心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 10日

もうこんな診療はやめようじゃないか

ぎっくり腰の人が昨日ある病院へいったらMRIを撮り、「ぎっくり腰です」といわれ、薬とシップをもらいましたが、痛みが取れず当院を受診されました。ぎっくり腰は筋肉の急激な痙攣です。いくつかの圧痛点に局所麻酔を注射しましたらよくなりました。

膝痛で関節鏡で手術を受けたがよくならない高齢の男性。内側広筋などにトリガーポイントブロックをしたら、急によくなって感激してお帰りになりました。

急性の頚痛、上肢のしびれの方、本日2人みました。レントゲンもMRIもいらないのです。トリガーポイントブロックをしたら、その場で改善しました。理論的推理では筋痛症しかないのです。

心療内科で抗うつ薬、抗不安薬を処方されている女性。ある整形外科を受診。頚、背中の痛み、MRIでヘルニアあり、手術を勧められる。こんなバカなことが行われているのが現状なのです。説明とトリガーポイントブロックで症状改善する。

診療報酬の適切な配分を!

b0052170_748330.jpg


これは私が今つくった「筋痛症リボン」です。ピンクが筋肉、グレーが脳をあらわしています。

乳がん撲滅のピンクリボンのパクリです(笑)。

私は慢性の筋痛症を持っています。
先生、筋痛症を診てください。
筋痛症について知識を深めてください。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-01-10 22:43 | MPS | Comments(11)
Commented by ひろたん at 2009-01-13 01:32 x
ピンクリボンのように、いつかいろいろなキャンペーンなどが行われて、
筋痛症治療が広まるといいですネ!
Commented by たかし at 2009-01-13 01:56 x
はじめまして、私は先日首や背中の痛みから整形外科でMRIを撮り脊髄症と診断された者です。狭窄で脊髄を圧迫しているようですが、このままでは歩行困難や排便排尿障害になりますとの事で手術を勧められました。

以前先生も麻痺の歩行困難や腸障害は手術ですと言われてたと思いますが、そのような自覚症状が出る可能性の患者にはトリガーポイント注射は効かないのでしょうか?

出来れば私もTPB注射などで保存療法でと思い担当医に聞いたところ、自覚症状が少なく保存療法を選択した場合でも、かなり多くの患者が直ぐか数年後には自覚症状が出る事が多いですと言われました。

また無理な保存療法の場合、手術しても痺れ等が残ってしまうので明らかな圧迫がある場合は早く手術した方がいいと言われています。

加茂先生の言われている手術対象の自覚症状は脊髄圧迫とは関係ないのでしょうか?また狭窄やヘルニアによる神経根圧迫や脊髄圧迫による痛みや自覚症状は全身麻酔で取れる事は医学的にありえないと言われたのですが私の担当医は間違ってるのでしょうか?

分からない事ばかりですみませんが、よろしくお願いします。
45歳 男です。
Commented by junk_2004jp at 2009-01-13 02:19
たかし様はじめまして。

文章から推理すると、たぶん貴方の担当医は間違っているでしょう。

頚や背中の痛みを訴えて受診されたのですね。そのような症状で脊髄症を想定することはありません。

脊髄症とは脊髄麻痺のことです。病的反射がでます。痙性歩行、巧緻運動障害などがみられる。

たぶんそのようなことが出る心配はないと思います。私のところに診せにいらっしゃい。

頚や背中が痛い人なんていっぱいいます。私の妻や娘もそうです。将来脊髄症の出る可能性なんてこれっぽちも心配していません。

>狭窄やヘルニアによる神経根圧迫や脊髄圧迫による痛み

このようなことで痛みはでません。
Commented by TK(タク) at 2009-01-13 07:47 x
たかしさん、はじめまして。
加茂先生が診せにいらっしゃいと、おっしゃられてます。できるだけ、早く加茂先生の診察を受ける事ができるといいですね。

>自覚症状が少なく保存療法を選択した場合でも、かなり多くの患者が直ぐか数年後には自覚症状が出る事が多いですと言われました。

自覚症状がない時点から、経過観察をし、「あ、やっぱり麻痺がでた」と言う調査、学会発表があるのでしょうか?
Commented by たかし at 2009-01-13 18:05 x
ありがとうございます。

そうですね、考えましたら主治医の診断や手術と、私の今の首や背中の痛みは関係が無いですね。例えですが、そうしますと首の痛みで診察に行き、たまたまMRIで別な病気の腫瘍が見つかったような診断ですね。

それも変な話ではありますので、もう一度主治医に聞きまして、適切な診断が得られないようでしたら直ぐにこちらの病院でお世話になりたいと思います。よろしくお願いします。
Commented by YA at 2009-01-16 01:25 x
答えは簡単やん。


その医師に、こう訊ねたらいい。

「あなたの診断によってオペされて、あなたの診断通りに何年経っても症状が再発しませんか?」


「また、オペしてなお再発した場合は、あなたの責任を法的に追求しますが、良いでしょうか?」

と訊ねたらいいでしょう。


大半の医師はキレて、「じゃヨソ行け!」で終わります。


プロなら腹くくれと言いたいのですがねぇ…

前にも書きましたが、正解へのヒントは何度も巡っては来ませんよ?


加茂先生。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
Commented by junk_2004jp at 2009-01-16 08:28
あけましておめでとうございます。
Commented by アクビ at 2009-01-19 22:36 x
「筋痛症リボン」素敵ですね!
私も患者としてもうちょっと胸を張りたいです。
ヘンな言い方かもしれませんが・・・。
どうしても医者の顔色伺いながら言葉を選んでしまいます。

「筋痛症リボン」広めましょう!
Commented by アクビ at 2009-01-19 22:41 x
連続で失礼致します。
「筋痛症リボン」の画像、コピペして私のブログで紹介させていただいても構いませんでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2009-01-20 00:04
もちろんいいよ。というか、これ乳がんのパクリだから^^;

色合い考えてね。
Commented by syaruruk at 2009-01-20 20:21
筋痛症リボン、色合いもコレで良さそうですね。ほかに見たことないし。
虹色リボンとか、ブルーリボンとか、あるけれど。
『脳』が、灰色なのは、灰色の脳細胞を持つ名探偵を思い出します^^。


<< 神経根性疼痛とは??      筋痛症(筋性疼痛)はヒトを悩ませる >>