2009年 02月 02日

バカげた根性疼痛

b0052170_034542.jpg
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による痛みは「根性疼痛」といわれています。

神経根を圧迫したとき、神経根を刺激したとき、神経根が障害されたとき、神経根が炎症をおこしたとき、神経根の血流障害がおきたとき・・・・などなど、いろいろ表現されますが、つまりは「神経根部で痛み信号が発生したとき」ということです。

神経根部で痛み信号が発生したとします。

それが脳に到達します。

脳は、その信号が神経根部から来た、つまり「ヘルニアのところが痛い」と感じるのが順当なのですが、そうは感じず、神経が分布している下腿のところから信号がきていると誤認しているということなんです。


b0052170_0145218.jpg根性疼痛といわれている人の下腿に圧痛があるとします。

その点を押すと強い痛みを感じるということは、その点を押すと神経根部から痛み信号が出るということなんです。

皆さん、マジでこんなこと信じますか?

このバカげた空想のために多くの人が苦しんでいます。

「神経生理学のいろは」も知らずに人を診てはいけません。ましてやメスや針、薬を使ってはいけません。

この分野は日進月歩ですから、痛みの生理学の専門家から発せられる情報を見守る必要があります。

先日、異所性発火という言葉さえ知らないという専門家がいることを知りました。

痛みの信号は神経線維の先端に付いているポリモーダル侵害受容器から発せられるのですが、この侵害受容器を介することなく神経線維の途中から痛み信号が発せられることを異所性発火といいます。

つまり根性疼痛は異所性発火ということなんです。

異所性発火は正常な神経線維では起こりません。正常な神経線維を圧迫しても、叩いても、牽引しても痛み信号は発生しません。

肘の内側を叩いたときのひびきは先日お話しました。

注射針を神経に刺したとき痛みが起こるではないかという反論があるかもしれませんが、神経線維の細胞膜が壊れると一過性の脱分極が起こります。これと圧迫、叩打、牽引とは全く別のことです。

では、根性疼痛を示す神経は正常でない神経、つまり障害された神経なのかということですが、末梢神経障害では麻痺が生じます。つまり感覚鈍痲、脱失、運動麻痺です。これはペインクリニックの領域ではありません。そんな神経に向かって局所麻酔をうつなんてことはないのです。

障害を受けた神経が、脊髄後角で触覚神経などと混線して難治性疼痛である神経因性疼痛、CRPSタイプⅡを呈することがあります。

これは手術をして治すというものではありません。根性疼痛といわれているものと明らかに別のものです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-02 00:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(11)
Commented by bancyou1965 at 2009-02-02 08:47
こんなにわかりやすい説明を受けても、わからない医療従事者の頭の中身がわかりません。
ヘルニア筋痛を伴う事は分かる。。。。
その理由は?答えられない。。。
Commented by TK(タク) at 2009-02-02 08:58 x
はじめ私は、必死に悩みました。

神経を圧迫すると何故、そこから離れた場所が痛くなるか。

自分なりの仮説をたてました。
a.痛く無い時は通常、センサーから信号がきていて、圧迫されと信号が来なくなり脳の痛み回路がONになる。否定回路のようなこと。
b.圧迫されて、他の神経信号と混信を起こす。
c.何かの信号、or化学物質が割り込み、痛み信号が割り込んでくる。

でも、今の生理学を後で知ることになり、このど素人が考えた説は全く間違いでした。
Commented by TK(タク) at 2009-02-02 08:59 x
体の内部の遠く離れた場所へ情報を伝達するシステムは2つあります。
1.ホルモンによる情報伝達。
2.神経による情報伝達。

1.ホルモンと言う化学物質が全身くまなくわたり、体の遠く離れた場所に情報が満遍なく伝わる。ただ、これでは全身がその情報に反応してしまう。そこで、ホルモンはいくつかの種類、つまり役割があり、特定のホルモンに反応するレセプターのあるものだけに反応し、特定の場所に情報が伝わる。丁度、東京タワーから関東全域にラジオ電波が発射されてるが、チューニングを合わせたラジオしか受信できない。

2.神経による情報伝達。
電話のようなもの。A→B間の通話(情報伝達)しかも神経の場合、ニューロンの情報伝達は一方向。ローカル線の単線のように一本で上り、下りではない。

■受話器→電話線→受話器

神経の圧迫でどうやって、途中に受話器を設置して回線をハッキングするような事ができるのだろうか??悩みます。

神経は遠く離れた場所に情報を伝達するシステム。

■受話器→電話線→受話器

神経(線維)を圧迫すると何故、そこから離れた場所が痛くなるか????????
Commented by syaruruk at 2009-02-02 09:27
整形外科の先生は、『正常な神経を押しても痛くない』ということを、ご存じない方が多いのです。

私が診察を受けたほとんどの先生は、お尻を押して痛いのも、太腿を押して痛いのも、膝の裏を押して痛いのも、全部神経が痛いのだと、診断されました。
ペインの先生もそうです。圧痛点を示すと『それは神経じゃぁ』という返事が返ってきます。でも、TP注射はしてくれるのですけど。

ヘルニアが圧迫している神経は、正常な神経ではないと考えられているのだと思いますが、術後にヘルニアがなくなって同じ症状があっても、疑問はなさそうですね。『癒着』とか、『炎症』で、納得できるようです。
納得せずに、疑問を持っていただきたい。

手術から2年以上、画像的には問題なしですが、圧痛点は健在です。
Commented by bancyou1965 at 2009-02-02 12:07
>術後にヘルニアがなくなって同じ症状があっても、疑問はなさそうですね。

術後、血液の再還流がまた神経に悪さをすると言うのが、最近の定説だそうです。

いずれにしても、受容器を介さない痛みですね。
脊椎専門医が異所性発火と言う言葉もしらないのには驚きました。
下肢の筋痛はヘルニアで起こるのはわかると言いながら、それは受容器を介した痛み?介さない痛み?と尋ねても答えられない。

こっちが、アホ扱いです。

まあ、中途半端な資格の物が何言っても仕方ないかもしれませんが、自分の院に来る患者さんは何とかしてあげたいもんです。

Commented by TK(タク) at 2009-02-02 18:04 x
ご~めんなさい。番長さん、ここで一旦CM.(黒柳徹子調)
http://ds-pharma.jp/medical/ebiz/prorenal/contents002/002.html
Commented by TK(タク) at 2009-02-02 18:05 x
受精卵は最初一個の細胞から自己複製し、増殖していく。

不思議に思ったのは、同じものを複製していったのなら、最後には細胞の肉団子塊状態に何故ならないのかと言うことだった。

手の形、腕の形、人間の形になってゆく。それどころか、DNAは同じなのに、それぞれ分裂した細胞は異なった機能をもってゆく。情報を伝える機能を持った神経細胞、動物として動作するための筋肉細胞、骨芽細胞と言ってカルシウムをぺたぺた貼り付けて骨を形成する細胞。生命維持に必要な化学物質を生成する細胞もある。挙げたらきりが無い。

このように一個の細胞から違った機能に分かれていく。これを分化と言う。
生命の不思議です。
Commented by TK(タク) at 2009-02-02 18:05 x
神経は体の離れた場所に情報を伝えるシステムです。
神経線維はその情報線で、基本的な機能、仕組みはどこの神経線維でも同じだと思います。

情報線の先端にあるのが、さまざまな情報の発信源である、感覚受容器です。
感覚受容器にさまざまな種類ごとに、違った刺激に対して反応するようになっています。

網膜細胞は光に反応します。目に薔薇の香りをかがせても何も反応しない。
舌は味を感じ取る。舌に懐中電灯で光をあてても何も反応しない。

痛みは、C線維の先端の…(ここは省略ネ)

こうしてみると、感覚受容器は神経線維に情報を送れる状態にするためのA/Dコンバータやトランスデューサ(Transducer)、センサーといった物と同じであると思います。
それは、感覚受容器がそれぞれの役目のために分化した結果だと思うのです。

いままでの述べたことから、思うのですけど、もし神経線維を圧迫して痛みが生じるら、脳と網膜の間にある神経線維が腫瘍などで圧迫された場合、光がばしばし見えてしょうがないと思いますが。
Commented by sansetu at 2009-02-02 21:12
>脳と網膜の間にある神経線維が腫瘍などで圧迫された場合、光がばしばし見えてしょうがないと思いますが。

タクさん、この発想↑面白いです。好みです。
Commented by TK(タク) at 2009-02-02 21:32 x
あの、ちょー有名な脳神経外科医の場合。。。。
名医じゃありません。神の手を持つ外科医でございます。

2分20秒付近から
ttp://jp.youtube.com/watch?v=gjyLhoqVJCo
Commented by たーちゃん。 at 2009-02-02 23:05 x
自分、身内がヘルニア(筋痛症)にならないと真剣に考えないのでは?
手術してもよくならない?
なぜ、こんなにヘルニアの人がいるんだろう?
ヘルニアでないのに痛みがあるんだろう?

私は真剣に調べました。
医者の言うことはおかしい・・・。
素人の私でもおかしいと気付くのに・・・。
この一念で調べまくりました。
自分の疑念に答えてくれる先生が見つかりました。

自分が医者なら、きっともっと疑念を持つはず。
そして気付くはず。

気付いていらっしゃる先生が居るはずです。
それは医者の非常識ですか?

これを読んでいるお医者様がいるはず・・・。
医学会への反旗と考えず、
最初にいるのは・・・、「痛みに苦しむ患者」です。
そしてあなたは医者です。

どうして単純になれないかな・・・?


<< 頚椎ヘルニア、腰椎ヘルニアと診...      ワケあり筋 >>