2004年 11月 17日

ご相談

加茂先生はじめまして。○○に住むX歳のAとゆうものです。**をしております。突然のメールですみません。私は*年前から**をしているのですがこの仕事を始めてから腰痛をしりました。ですが二年前に近所の整形外科にいってシップでも貰おうといったのですがMRIで4,5番のヘルニアだと診断され一生この痛みと付き合っていくしかないと言われ物凄くショックでした。

呪いをかけられたわけですね。根拠のないその医師独自の考えです。

で半年牽引をやったのですがなにも良くならないので通院を止めました。そして今年の7月に引越しをして一人暮らしを始めたやさきに腰が痛くなりだして

痛みのはじまりは転居とか転職とかというイベントストレスと関係があることがあります。

整形外科で痛み止めの薬と注射と牽引をしてたのですが9月1日にとうとう朝4時痛みで目覚め座薬を取りに行ったとき動けなくなりました。やく2時間・・もう死ぬのかと思いました。硬膜外ブロック2回神経根ブロック1回で2週間で痛みが良くなったのですが、左足の痺れと指に力が入りませんでした。

これを神経麻痺と勘違いされることがあります。

それからインターネットでいろいろ腰痛ヘルニアについて調べて絶望してた時に加茂先生のホームページを見つけたのです。それから毎日先生のホームページを見て(腰痛は怒りである)を買って毎日よんでました。10月には左足に痺れは少しありましたがほとんど良くなりました。

よかったですね。呪いをかける医者に診てもらうよりはよほどいいです。

ですが11月になり仕事が忙しくなり、腰のことを気にしなくなってた時の朝ズボンを履くとき又動けなくなりました・・・。

いわゆるぎっくり腰ですね。このように、ちょっとした動作がきっかけで発症することが多いようです。つまり物理的(構造的、力学的)な原因ではなく心理的(ストレス:不安、緊張、いらいら)な原因とみるべきです。(生物・心理・社会的疼痛症候群)

3日仕事を休んでかかりつけの整形外科で硬膜外ブロックをやったのですがまったく効かず3日後いってまだ痛いと言うと手術しなさいと言われヘルニア以外にも狭くなってる脊柱管をけずるというのです・・・。怖くてとても痛いと言えないです。今は腰痛は怒りを読んで大分痛みが引いてきました。かかりつけの整形外科には今度痛くなった時とてもいけません・・・。  

とりあえず痛みは少なくなってきたのですね。もちろん手術の必要はないでしょう。神経が正常だから痛みを感じるとも言えます。もし神経がやられていたら痛みも感じないですよ。痛みが強くなったり弱くなったりしていますね。ヘルニアが大きくなったり小さくなったりしているなんて考えられないです。

加茂先生の所に行きたいのですがさすがに遠くて簡単にはいけません。インターネットで○○県のトリガーポイント注射ペインクリニックを探して今日行ってきまた。そしてトリガーポイント注射を圧痛点にお願いしたのですがヘルニアには効かない!と言われあまり気が進まないのに硬膜外ブロックされてきました。帰ってきてから加茂先生のこととホームページをメールしたのですがだめでした。期待してたのにがっかりでした。であまり痛みはかわりません(;;)。     

それは残念でした。原因がヘルニアだと思い込んでいるので「硬膜外」をしたくなるのです。私も以前はそうでした。教科書にそのように書いてありますからね。しかし、圧痛点をブロックしたほうが効果的なことに気が付きました。理屈からいってもそうなのです。ボルタレン座薬が効くことが多いです。筋痛症なのですから、よくストレッチをするとよいと思います。必ず治ると信じることです。

大変失礼なお願いなのですが加茂先生と同じ考えの医師の方で○○県の近くのかた教えていただけないでしょうか・・・。近くに信頼できる医師がいないことはほんとに不安です・・本を一生懸命読んで再発しないように頑張りなす。どうぞよろしくお願い致します。

掲示板で経験者がいろいろ相談にのってくれると思いますので、書いてみたらいかがでしょうか。一人で孤独に痛みと闘うのは辛いですから。はげましや安心感は痛みの治療にとても有効ですから。

参考に
強い左下肢痛の患者さん
[PR]

by junk_2004jp | 2004-11-17 10:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by sansetu at 2004-11-17 11:06
加茂先生TBありがとうございました。今回ご相談のような患者さんは日本中にたくさんおられますね。当院の患者さんで脊椎カリエスで腰椎が溶けてくっつき、脊椎番号が触診では分からない方と、それよりももっとひどい極端な側湾・後湾変形をお持ちの患者さんがいますが、その方たちの痛みの原因もやはり筋肉痛です。ですから皮膚への軽刺激だけでいつも簡単に治ってしまいます。構造異常から来る負担が0だとは言いませんが、少なくとも痛みとは直接の関係はないと思います。人体は自分が思っている以上に強いものだと私は確信しております。


<< 腰痛~下肢痛      再び「根性痛」 >>