2009年 02月 03日

椎間板症

こんな診断やめませんか。

椎間板由来の痛み・・・なんちゃって。こんな時代おくれの診断をNHKは・・・・。

http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/index.html#d2

変性した椎間板に高張食塩水を注入して痛みが再現されることによって診断?

b0052170_21432312.jpg


中高年は例外なく椎間板は傷んでいます。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#sao

さおさんは2つの大学病院で固定術を宣告され、まさに手術を受ける寸前でした。どこの大学かはいえませんが・・・・。

当院に入院して45日で全く元気になりました。

今年、年賀状をいただきました。

「腰痛の闘病を機に看護師になる決意をしました。今年の4月から学校に通うことにいたしました。」
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-03 21:53 | 慢性痛 | Comments(6)
Commented at 2009-02-03 22:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ひろたん at 2009-02-04 20:54 x
さをさんの文章を読んで・・

先生のHPと掲示板に来た人は、「痛みとその手放し方を知り、広めなさい」と
神様から言い渡された使者かも・・、な~んて思ってしましました。

さをさん、すばらしいですネ!
Commented by TK(タク) at 2009-02-05 22:01 x
みんな、それぞれの特技で、加茂先生や痛みに苦しんでいる人達の為に何かできるのではないかと思うのです。

それが、加茂塾の塾生だと思うのです。
加茂先生は、整形外科の吉田松陰だと、おもふ、この頃。

手前味噌ですが、
http://junk2004.exblog.jp/10282507/
の動画は私が作りました。
Commented by ふあん at 2009-02-06 00:09 x
さおさんこの辛い経験はきっとこれからの人生に役立つと思います。私は看護師をしていますが、いずれは筋痛症専門の病院で看護をしたいと思っています。多くの医師が目を覚ましてそんな病院が沢山できてほしいものです。さおさんお互い頑張りましょう。
Commented by さを at 2009-02-15 22:56 x
加茂先生、ご無沙汰しています。

加茂整形を退院後、2年の月日が経過しました。
今日まで、怖いくらいに腰痛はありません。

私は自らの経験を周囲に広め、痛みに苦しむ人々の心の不安を軽くするお手伝いをさせていただいています。

>ひろたんさん
まさにその通りです。
私の使命だと思っています。

>TK(タク)さん
闘病中、痛みに打ち勝つ事ができたら、今度は私が痛みと闘う人を助けたいといつも考えていました。
私は永遠に加茂塾生です。

>ふあんさん
三十路での人生の進路変更は大変勇気のいる事でした。
もしかしたら、辛い経験は必然だったかもしれません。

世の中の間違った常識を変えていく為に、私は闘い続けます!

お互いがんばりましょう。


Commented by junk_2004jp at 2009-02-16 12:54
こんにちは。今年の4月から入学ですか。がんばってください。整形外科の授業は、ある意味、難しいですね(笑)。


<< 尾骨痛      プラシーボとノーシーボ >>