心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 18日

脳(心)からの治療?筋肉(身体)からの治療?

慢性痛=筋性疼痛=線維筋痛症の治療で、脳(心)からの治療?筋肉(身体)からの治療?をどうすればよいかということが問題となる。

私は両方からやればよいと思う。個人差がありますから、そこは患者さんと相談して最もよい方法を選択すればいいでしょう。

脳(心)の治療・・・・抗うつ薬、抗てんかん薬、抗不安薬など、認知行動療法

筋肉の治療・・・・・・トリガーポイントブロック、マッサージ、電気治療など

私の治療経験ではトリガーポイントブロックはとても効果的なことが多いように思う。内服薬だけでは改善のきざしがない場合でも効果がみられることがある。

内服薬の量を減らせることもある。ときには薬なしで治癒にいたることだってある。

簡単、副作用極めて少ない、安価など、決して敷居が高い治療ではないので積極的にやってみればよいと思う。

欠点は医療費が安すぎるわりに煩雑で時間がかかるので、医師のやる気を保つのがたいへんかもしれないということである。

びわさんは線維筋痛症である病院に入院中ですが、飛行機を乗り継いで来院されました。

こんにちは。加茂先生に治療を受け始め3日目。明日のお昼前の飛行機で帰る為、残すは今日の午後と明日の朝2回のみ。『やっぱり来て良かった』と実感、感謝するばかりなので、正直なところ、もう少し滞在したい気持ちです。今回は、地元で入院中ですが、外泊扱いで受診の許可をもらって来ました。帰ったら、『考えが間違いなかったことと成果』をしっかり報告して、難しいとは思いますが、地元でもこの治療を受けられるよう、引き続き、自分自身頑張りたいと思います。この掲示板を見て、『自分の勉強不足』を再認識しました。色々お尋ねすることが今後もあると思います。よろしくお願いします。とにかく、加茂先生に診ていただけて良かったです。ありがとうございました。


http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#y

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_591.htm
[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-18 23:17 | 線維筋痛症 | Comments(1)
Commented by カイロプラクター at 2009-02-19 21:16 x
3月4日NHKためしてガッテンで慢性痛トリガーポイント放送予定


<< 糖尿病と脊柱管狭窄症&椎間板ヘルニア      本当は怖い家庭の医学 >>