2009年 02月 23日

脊柱管狭窄症って???

整形外科領域は、これでいいのだろうか?

これでいいはずがない。

私が本に書いたように、中高年で足腰が痛いと脊柱管狭窄症と診断するのがブームになっている。

脊椎専門クリニックやペインクリニックで脊柱管狭窄症(神経根障害)と診断されていた奥さんを老内科医が治したこのエピソードは皮肉なことだ。

今日はこんなメールをいただいた。
今日、妻が先生の本を探して来てくれました。びっくりしております。古代からある普通の病気に、こんな事があっていいものかと驚いております。先生に感謝、妻に感謝です。私のケースは以下ですが、よろしくアドバイスお願い申し上げます。


この方は脊柱管狭窄症という診断で2度手術を行いましたが、よくなるどころか痛みが増してきているとのことです。

筋痛症でしかありえないのです。

脊柱管狭窄症診断サポートツールマニュアルの内容はとても疑問があります。
馬尾型なら麻痺、根型なら疼痛なんて生理学的に反対のことがなぜ起こるのか?混合型は麻痺と痛み?根型は予後が良好、手術しなくても治ることがある。と書いてあるが・・・これらを一つの病気としてとらえるべきなのか


脊柱管狭窄症があるとすれば馬尾型の麻痺でしょう。ただし、痛みで受診して将来の麻痺を予測されるケースがありますが、これはほとんど無視していいです。

このような状況が続くのなら、一般家庭医は患者さんが脊椎専門医を受診する場合、くれぐれも注意するようアドバイスしてあげることだ。
専門外科医への早期紹介を減らすことを推奨した。・・・非生産的な診療方法をやめるよう、医師を説得する一番良い方法は何だろうか。(FILE210)


b0052170_23195835.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2009-02-23 20:23 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by 山荘主 at 2009-02-23 22:17 x
先日友人とひょんな所で偶然会った。彼は脊柱管狭窄症の診断を受け手術をしたが、腰の痛みは治らず家業である仕事が続けられるか心配していた。さっそく加茂先生のHPとブログと掲示板をさりげなく紹介した。
目からウロコがとれればいいが・・・。
間違った診療方法を信じている人へのアドバイスは結構難しい。
Commented by junk_2004jp at 2009-02-23 23:35
>間違った診療方法を信じている人へのアドバイスは結構難しい。

そうですね。1、2代前のご先祖様を想像してみたらいいでしょう。今ほど、ヘルニアだの脊柱管狭窄症だのという病気で悩んでいる人はいなかったことでしょう。

これらは医師によって作られた病気といってもいいと思います。




<< トリガーポイントブロック      根性疼痛を信じられますか >>