心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 26日

頚椎症性脊髄症を520円で治す(笑)

b0052170_2141190.jpgAさん(70歳代女性)は昨年初夏より、左の上腕に痛みが生じました。

秋には右上腕にも痛みが生じ、次第に両手背側にしびれを感じるようになりました。

病院に行き頚椎のMRIを撮りました。C4、5、6で椎間板がつぶれていて脊髄が圧迫されているためで、「頚椎症性脊髄症」と診断されました。

薬や理学療法をしましたがよくなりません。

___

図のようなところに圧痛点がありましたのでTPBをしました。その場ですぐによくなりました。

初診料、モーラスパップ付きで520円(1割負担)でした。

Aさんには脊髄症を思わせるような病的反射や運動障害はみられませんでした。

上腕三頭筋や前腕伸筋の筋筋膜性疼痛症候群でした。

Aさんは進行するようなら手術も・・・といわれたそうです。

Aさんは編み物をよくするそうです。なにかそのような動作と関係がある筋痛症だったのでしょう。

ご用心を!(長時間の作業に、医師に、ネットにあふれる間違った情報に)
[PR]

by junk_2004jp | 2009-03-26 21:47 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by 寧夢 at 2009-03-27 10:25 x
>ご用心を!(長時間の作業に、医師に、ネットにあふれる間違った情報に)

そう、長時間の作業・・・。そしてうっかりうつ伏せの転寝。肩から背中まで硬直。腕は痺れ・・・。最近は何かの折に立膝するだけで、下腿部に軽い痺れが・・・。こわいこわい。
仕事のストレスが減ると体調がよろしい。体は正直。


<< ちょっと違うんじゃないのかな?      WBC イチローのコメントより >>