2009年 04月 07日

痛みにはいろんな治療法があります

手術でよくなる人もいる。よくならない人もいる。どんな治療法でもよくなる人とよくならない人がいる。
この事実はかえようがありません。

だれも責任は負いたくないので結局は言葉を濁します。断定しません。

ではなぜそうなのか科学してみようとは思いませんか?

麻痺ではなくて「痛み」です。最も危険な代替治療は避けるべきです。

てんさんのケース・・・・これもまた真実です。これは珍しい症例ではありません。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#ten

てんさんは先日掲示板に投稿されました。
随分お久しぶりです、以前お世話になり、すっかり腰痛から開放されるようになった大阪のてんです。もう5年くらい経過するでしょうか?

「トリガーポイントブロックで腰痛が治る」を購入させてもたいました。自分には必要ないのですが、知り合いの腰痛に悩んでいる方にプレゼントしました。

[PR]

by junk_2004jp | 2009-04-07 00:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by sansetu at 2009-04-07 10:28
>最も危険な代替治療は避けるべきです。

リンク先に、無茶苦茶な代替療法家のせいで恐ろしい経験をした、というような話が載っているのかと思いましたが、どうも違うようですね。
Commented by junk_2004jp at 2009-04-07 11:33
最も危険な代替治療はなにでしょうか・・・。
Commented at 2009-04-07 13:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< いろんなものに合併するMPS      狭窄症様のご質問 >>