2009年 04月 27日

MPSなのかヘルニアによる根性痛なのか?

先生のブログの2008/3月25日の日付に載せていただきました、**のAと申します。

3月28日

先生に診察して頂いてから1年ほどが経ちました。何とか地元で、注射を打って頂ける医師を見つけ治療を続けています。

腰はもう全く痛まなくなりました!臀部の痛みがしぶとく残っていますが、以前に比べれば8割減といった感じです。

あまり治療にムキにならず、痛みが酷いときに注射に行くようにしています。このまま、いつの間にか痛む事なんか忘れてしまうんだろうなぁと、のんびりと受け止めています。

ヘルニアだの神経が圧迫だのという事は、もう一切信じないどころか気にもかけなくなりました。

「情報を発信し続ける」という先生の姿勢に深く感銘を受けました。

先生に診察して頂けて良かったです。ありがとうございます。

[PR]

by junk_2004jp | 2009-04-27 20:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症      仮説と仮説の論戦 >>