2009年 05月 01日

頚部脊柱管狭窄症?????

「本は買って帰ります」

加茂先生、◎県から治療で昨日から伺っているものです。

トリガーポイント注射を、この2日間に随分うっていただき体も楽になりました。

私の症状と発症時期ですが、思い起こすとちょうど3年前の今頃、寝違えて右の斜角筋(?)を痛め、同時に右の肩甲骨から背骨にかけてに痛み出し、右腕の筋肉がパンパンに張り、手の甲と指がしびれて感覚が無くなってきました。

半月程すると首と背中の痛みは消えましたが、そのかわり背中の奥の筋肉がパンパンに張るようになり、痛みはありませんが右腕と背中の筋肉の張り・コリが常時ひどく夜も眠れず、仕事中が一番大変でした。

その後、鍼灸、整体、カイロ、整形外科、脳神経外科とありとあらやる治療を試みましたが、これといった根本的な治療にはならずにいたところ、ある病院にて、CT、MRIを撮り脊柱管が狭く中の脊髄を圧迫している為この症状が出ており、脊柱管を広げる手術をすればよくなるといった診断で、何とかこの苦しみから逃れたい一心で昨年10月に手術をいたしましたが、術後一ヶ月はこれまでの症状は消えました。

しかし、ほどなくまた、筋肉のハリと手のしびれが現れ、(恐らく全身麻酔で筋肉のハリが消えたのでは)退院後も通院していますが手術前と一向に何も変わっていないのが現状です。

体が苦しい毎日で少しでも何とかしたいという思いから、インターネットで検索しまくり、加茂先生のHPとブログに辿り着き、この度小松までやって来た次第ですが、何が原因で自分の体の中がどうなって、こんなことになっているのでしょうか。

明日帰りますが、夕方の便なので午前と午後の二回伺いますので、よろしくお願いいたします。
帰って、近くに加茂先生のような考えのお医者様がいればいいのに、と思ってしまいました。

ブログでネタにされるのお待ちしております。


昨日Aさん(30歳代)がお見えになりました。私の本は立ち読みしたそうです(笑)。

Aさんを診察する少し前に急性の頚部痛の人を二人見たあとでした。

数日前より、頚が痛くて動かせない、腕がしびれるなどの症状が数日前より続いている人たちでした。

二人ともレントゲンを撮ることもなく、圧痛点をブロックしてその場で解決しました。そのあとにAさんを診たのですから、なんと運が悪かったのだと思ったものです。

結局、正しい診断ができないんですよね。頚椎の脊柱管狭窄症を手術しようというのですから。腕に自信の専門医なのでしょう。しかし診断ができない・・・。

Aさんの症状はMPSしか考えられないのです。僧帽筋など明らかな左右差がみられました。今となっては慢性痛なので急性痛のようにはいかないと思いますが、なんとかしなくてはなりません。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-05-01 19:00 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by ひつまぶし(立ち読み大王) at 2009-05-01 19:52 x
そうですとも! 皆さん、立ち読みでなく、本は買いましょう(^^) 
手元にあれば、いつでも、繰り返し読めます!! 
        ・・・私が言っても説得力が無いけど・・・

でも、立ち読みでも、引き込まれてサクサク読み進めてしまうほど、文章は平易、しかしながら内容はとことん充実☆☆

んで、「安心」を立ち読みしてきました(^^)
あっという間に読めちゃった。
マイクとコードの例え話、「頭痛がしても頭蓋骨が骨折しているわけではない」には思わずムフッと笑ってしまいました。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-01 20:12
ライターの腕w

短くうまくまとめてあるよね。2~3時間インタビューを受けたんだけどね。
Commented by TEPCO at 2009-05-01 22:07 x
先生、お久しぶりです。
お聞きしたいのですが、先生の所でTPBを「やると何箇所打っても低料金なのに、なぜ他の医院でやると、ほとんど一箇所しか打たないのに先生に比べれば高料金、さらに月3回まで保険適用で、それ以上は自費となるのでしょうか?
同じ保険請求と思われるのですが、なんでなんでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2009-05-01 23:13
保険診療の細部は県によって取り決めがあるようです。
今のような料金設定では医療機関は生きていけないのが現実です。
Commented by keisyan at 2009-05-02 17:17
Aさん、本日受付にて本の購入を希望されたのですが、ちょうど在庫切れとなったところでした。申し訳ありませんでした。
ご自宅の近くの本屋さんで必ず購入されるとのことです"^_^"


<< 手術をしてもよくならない人たち      日本の学校教育 >>