2009年 05月 02日

診断が間違っていると思うが・・・

彼らは超絶技巧集団。技術に誇りを持つ。私は別に、診断できなくても、治ればいいと思ってる。

a.よくわからないけど、バファリンで治った。なら、済むのですけど。

しかし

b.よくわからないけど、脊椎をチタンで固定して治った。では大問題。

だから、やっぱり診断を争点にすべきななのに。治療法、技術ばかり述べる。所詮、骨大工。

だから、彼らに、日本語の会話が成立しない。私、医学は存じませんが、日本語でしたら、人並みだと思っております。

診断は医者の責務。彼ら、悪い事に、診断、ちゃんとやってると思ってる。「神経が圧迫してるから」そんな、子供だましが…。


上はあるリスナー(読人)からいただきました。

たとえば次のようなケース・・・・

朝起きると突然背中に激しい痛みを感じ、右の頚、腕が動かすことが困難になった。病院でヘルニアによる神経圧迫が原因と診断された。

その後リハビリを続けたがよくならず、2年後にヘルニア摘出の手術を受けてすぐに改善した。


上のケース、当初なら私は最悪でも2Wぐらいで治すことができる。時には1回で治るかもしれない。こんなケースはそれほど珍しいものではない。

まずどういう疾患が想像できるか、99%MPS。まれに狭心症、感染症。神経が圧迫を受けてこのような症状になるはずがないと思う。ヘルニアなんて想定圏外。

医師なら誰でも経験があるだろう、夜間、休日当直で。

心臓、血管系の可能性はないでもないが、多くの場合はパニック障害系だ。想像だが、もしセルシンなどの抗不安薬を注射して眠らせることが可能なら、その後の2年間がなかったかもしれない。

筋肉の急激なspasmはヘルニアを生じさせるのかもしれないが、(それは歯磨きチューブをつぶすようなもの)ヘルニアが原因でこのような激痛がおきるとは考えられない。

もし、神経が圧迫を受けているからだとすればなぜ2年間も放置したものがヘルニアを取ることによって急に改善されたのか。

手術してよくなったのは慢性痛(筋のspasm)が筋弛緩剤で改善した可能性は否定できない。

手術をしてもぜんぜんよくならなかった人を何人も見てきた。

どうしてそうなのか?

心理・社会的要素がからんでいるのでなんともいえないが・・・。

初診の段階で改善を目指すべきだ。そしてそれは可能なんだ。

http://junk2004.exblog.jp/6801616
[PR]

by junk_2004jp | 2009-05-02 18:33 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(11)
Commented by kirara at 2009-05-02 21:59 x
はじめまして、
>私なら最悪でも2Wぐらいで治すことができる。
と書かれていますが。慢性痛であっても可能なのでしょうか?
2週間が目安ならば長く通院されている方はいないのでしょうか?
その後は本人の努力不足ということなのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2009-05-02 22:18
あ~、すみません。書き直しました。

最初の対応です。
Commented at 2009-05-02 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-02 23:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-03 00:00
この症例を検討すると、パニック障害系なんです。つまり筋肉の急激なspasm。それ以外ありえない。

緊急外来では、そのように決め込むことはできないでしょうが、冷静に観察していれば分かると思います。

呼吸を管理して点滴、セルシンなど抗不安薬を注射(静注、筋注)すればその後の2年間はなかったのではないか。

研修医にこのようなケースの対応を教えてあげないといけない。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-03 00:27
結局、患者はヘルニアと診断されただけで、的確な治療をうけなかった。その後2年して、ヘルニアを取る手術を受けて急に改善した。

私が、筋弛緩剤の効果ではないかという理由。
Commented by アクビ at 2009-05-03 11:24 x
kiraraさん
>その後は本人の努力不足ということなのでしょうか?

なかなか良くならない人は努力不足、ということではないと思います。
確かに、認知行動療法などは効果の現れ方に個人差あると思うのですが、「努力」というのとはまたちょっと違うのかな、という気がしています。

私のように、肩凝り、腰痛etc. と長年だましだましつきあってきて、いよいよまずいぞ、となってすっかりこじれていると、体の状態はもとより長年培ってきた考え方のクセを一気に軌道修正するわけにいかないので、むしろ焦らずじっくり取り組む、という心積もりが必要になるかもしれません。

そのなかで、自分で出来る工夫をコツコツ、ちょっとづつやっていく。
「努力」という風にあまり構えすぎても、難しすぎてかえって悪循環になりそうです。

手術で治るのは、全身麻酔が神経経路全体(末端も、途中も)に働くということもあるでしょうか?

それで治ればまだいいけれど、その前に筋肉の状態および心理・社会的要素を無視した痛み治療は成り立たないということですね。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-03 11:38
私の書き方が誤解を招いたのです。

この患者さんの最初のエピソード(つまり急性痛)のときなら悪くても2Wではよくなるだろうと想像したのです。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-03 12:03
このような症例は何度も経験しました。

動けないので往診にいったことも何度かあります。

患者さんの知人でいらんことを言う人が必ずいるものです。

「大きな病院でしっかり検査を受けたほうがいい。」

それで大きな病院でしっかり検査を受けて、誤診され治らなくなってしまうのです。

この問題、複雑ですね。
Commented by ひつまぶし at 2009-05-03 13:57 x
「大きいことはいいことだ~」というCMの歌がありましたけども。。。
必ずしもそうばかりではないっす。
大きな病院じゃなくても、痛み患者をたくさんみてきた、痛み診断に精通したお医者さんに診てもらいたいものですよね。そいでもって、「だいじょうぶだよ」って安心できる言葉をもらえればシアワセ★
Commented by アクビ at 2009-05-03 15:44 x
すみません、かえって話をややこしくしてしまいました(-_-;)


<< 腰痛卒業      手術をしてもよくならない人たち >>