2009年 05月 04日

神経根性疼痛とは?

連休でヒマな人のために

https://www.iyaku-j.com/MDJOURNA/clin/doc/2005-03/057tokusyuu.htm
単なる神経根圧迫では痛覚過敏が発現せず,髄核による痛覚過敏発現には,アラキドン酸代謝系の生理活性物質が関与することを証明した。


根性疼痛とは痛覚過敏のことなのか?神経根で痛みが生じることなのか?この違いは大きい。

髄核の関係しない脊柱管狭窄症は?

http://ds-pharma.jp/medical/gakujutsu/undouki_spine/discussion/index.html

対談の中に神経根性疼痛というのがいくつかでてきます。

筋性疼痛(筋筋膜性疼痛症候群)はほとんどでてきません。

私の経験では急性腰痛のほとんどが筋筋膜性疼痛で、その場で痛みを改善することができます。まれに圧迫骨折があります。ごくごくまれに内臓疾患があるのかもしれません。

対談の流れをみていると、先に病名(ヘルニア、脊柱管狭窄症)がありきなんだ。そして、脊椎脊髄専門医にアンケート調査をしてエビデンス的なものを見つけようとしている。

いったい、それが麻痺性疾患なのか疼痛性疾患なのかということもぼやけてしまっているような気がするのだが。

脊柱管狭窄症にしても馬尾型は麻痺性疾患で少数だが存在すると思う。

神経根型といわれているものは限りなく怪しい。これは麻痺ではなくて疼痛性疾患なのだ。

血管性(閉塞性動脈硬化症)は少数だがあるだろう。神経根型といわれているものは筋痛症だと思う。高齢者のシンスプリントみたいなものだ。

だから保存的な治療で十分よくなる。

患者さんが訴える痛みが本当に脊椎脊髄専門医が診るべき疾患なのかという根本的なことから議論していただきたいものだ。

http://ds-pharma.jp/medical/gakujutsu/undouki_spine/discussion/ds14/ds14_02.html

表2 腰椎椎間板ヘルニアの診断上、重要な所見
b0052170_209664.gif


この表をみると、腱反射の減弱、消失は運動神経の末梢神経の麻痺の検査です。

Crossed SLR、SLRは脚を挙げたときに逆の脚あるいは同側の脚に痛みがあり挙げることができないという検査で、これは神経学的検査ではなく疼痛誘発試験です。つまり五十肩の人が腕を挙げると痛いというのと同じことです。

知覚障害は知覚神経の障害の検査ですが、MPSでも障害がでますのでとてもあやふやな検査です。

筋力低下は運動神経麻痺でもMPSでも生じます。

椎間板ヘルニアが疼痛性疾患なのか麻痺性疾患なのかという基本的な問題でこの表は揺れ動いています。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-05-04 12:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by パニック野郎 at 2009-05-05 10:16 x
はじめまして。パニック障害患者です。
先日のパニック障害系という先生のコメントに反応しました。
パニック発作の形態は千差万別で、身体表現性の強いタイプでは、けっこうなんちゃってぎっくり腰多いです。
私もそのタイプで、定期的に腰半棘筋あたりが突然ビクビクと痙攣を起こし始め、まるでジョーズに腰から下を食いちぎられているような激痛に襲われます。
しかし短期作用性の抗不安薬を頓服すれば、そんな地獄からものの5分で解放されます。そして「あ~死ぬかと思った。」などと言いながら、またもとの日常生活にもどります。病院でMRI撮らなきゃなんて考えたこともありません。
Commented by junk_2004jp at 2009-05-05 20:38
朝起きたら、頚、背中が激しく痛くて腕がしびれた。病院へ行ったらMRIで頚椎ヘルニアと診断された。2年後、ヘルニアの手術で治った。

このようなエピソードを聞いてなにも疑問を持たない医師が少ないでしょう。

当院で抗うつ薬を処方している人が、ある夜、脇腹が激しく痛くなって救急車で病院へ。内科では胆石、整形ではろっ骨にひびが入っているとの診断。今度、胆石の手術を受けるといっていらっしゃいました。このときはもう痛くない。

ある70才女性、他院で抗うつ薬をもらっている。ある日、胸が激しく痛くなり、病院へ。心臓カテーテルを受けるも異常なしだった。

以上は最近、患者さんから聞いた話です。いずれもパニック発作(系)だろうと思います。

急になにもしないのに激しい痛みに襲われて、緊急外来にくる患者さんはしばしばある。そのなかにはパニック発作的なものが少なくありません。

ヘルニアがそのような痛みを起こすはずもないですから、このケースも筋肉の急で激烈なspasmだったのでしょう。心理・社会的な要因が関係していることが多いのでしょう。


<< ヘルニア患者さんからのメール      腰痛卒業 >>