2004年 11月 22日

自明の理

痛みやしびれ(神経原性麻痺のことではないですぞ)に対して画像診断は無意味である。(悪性腫瘍、骨折、感染症の除外診断の意味はある)

画像診断は痛みや痺れに無意味であるをいう時にはこのように但し書きをしなければならないのがややこしいところである。これはもう自明の理であるにもかかわらず、いまだに信奉している人がいることは驚きである。

そのようなことを言っている医師は看護師を雇用するときMRIやレントゲン所見を履歴書に添付してもらわなくてはいけません。分離症やすべり症があるのなら雇用すべきでないかもしれません。またヘルニアの有無も検査しておくべきでしょう。労働のためヘルニアになったといわれるかもしれませんから。画像所見のある人は看護師として雇用するのは不適当かもしれません。

お見合い写真にも添付してもらったほうがよいかもしれません。

保険加入のときも画像所見の有無は考慮されるべきでしょう。

これらはブラックジョークです。人権侵害ですね。画像所見と痛みは無関係です。
「画像所見と痛みは関係ある。」と主張するなら、看護師を雇うとき検査をして、所見がある場合はそれに見合った労働環境にすべきでしょう。

患者自らが先頭にたって「痛みやしびれの原因を構造上の欠点にするな」というキャンペーンをすべきでしょう。上記のようないわれのない差別が生じることも考えられなくもないからです。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-11-22 11:53 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by keisyan at 2004-11-23 00:26
ブラックジョークとばかりは言ってられません。手術をしたとき、同室のおばさん(ボルト入り)が、隣室の若者男性(ボルト入り)について 「まだ若いのにねぇ。あたしゃ腰にボルトの入った婿さんは絶対いらん!」 と言っていたのを思い出しました。 
Commented by junk_2004jp at 2004-11-23 02:04
ボルトが入っていることが、おばさんにとっては構造異常ってことになるのか。


<< 矛盾に気づくには      バックレターより >>