2009年 06月 05日

今日も脊柱管狭窄症ネタ

Aさん(80歳代、女性)、腰、下肢痛、膝痛。ご主人を来院する。

近所の医院にかかっていましたが、よくならず総合病院にかわる。しかし一向に良くならず手術の可能性もいわれる。

ご主人「医者は勉強不足ではないのか?一向に良くならないのは。」

私「勉強不足というか、間違ったことを習ってしまったというべきでしょう。筋肉のことが頭にないのです。そして痛いというとどこかで神経が圧迫を受けているからだという間違った思い込みをもっているのです。また軟骨が悪いから痛いのだというのも間違った思いこみなのです。レントゲンやMRIで写るものが痛みの原因だと習ったわけです。」

私「ご主人はどこか痛いところはないのですか?」

ご主人「私はゴルフボールで腰をゴリゴリやっています。」

私「それがいいのですよ!医者にかかると、どうせろくなことを言われないw」

TPB(小殿筋、内側広筋、ヒラメ筋など)後はすぐに笑顔になりました。

脊柱管狭窄症といわれている痛みも変形性膝関節症といわれている痛みも筋痛症なのです。

_________________________

Bさん(50歳代、女性)、脊柱管狭窄症と診断されています。

お母さんも脊柱管狭窄症で、医大で手術、よくならず日*病院で手術、現在も良くならず杖歩行とのこと。

このような経験があるものですから、ご自分はもう整形外科を見限ってカイロにかかっていました。

AさんもBさんも筋痛症です。

神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるという考えは間違っています。だから治せないのです。

こんなことを続けていると整形外科は患者さんから見限られますよ。もうすでにその傾向はあるのかもしれない。患者さんがいってますよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-06-05 22:59 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by TK(タク) at 2009-06-06 15:57 x
単純に不思議です。サラリーマンの私としては。

なぜ結果の出せないことが続けられるのか?

実はいい結果を出せてる。本当は。
最近、本当に思う事は、治療結果成績の統計学ってどーなってるのかと言う事です。

それとも医師は治療や手術の後、患者に一言「どうですか?」と尋ねてないのではないかと。
Commented by BN at 2009-06-06 17:52 x
私は手術を受けた方ですが、術後は基本3ヶ月に1回、1年間ほどは
、定期検査で通院しています。
たまに痛くなったときは、念のため画像診断した後、「じゃ、筋痛かな?」ということで麻酔科でTPBを打ってもらいます。
いいとこ取りのようですが。
Commented by uoom at 2009-06-06 18:31
BNさん  にお聞きします
たまにしか痛くないのですか  いいですね
私の知合いは手術して3年になりますが 今でも2ヶ月に一度
検診に行っているようです 首は終わったのですが 腰にも
ヘルニアがあるので 痛み止めを飲んでるそうです


<< NHKよ責任は大きいぞ!      今日も脊柱管狭窄症ネタ >>