心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 17日

MPS(筋痛症)患者ネットワーク

http://www.mps-patients.net/

私の患者さんだった方が待望のMPS患者ネットワークというサイトが立ち上げてくださいました。

この疾患に悩む多くの人がいるのに適切な診断や治療が行われていないのが現状です。

このサイトがきっかけになって患者パワーが日本の医療を変えていけばいいですね。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-08-17 07:57 | MPS | Comments(10)
Commented by ダン at 2009-08-17 13:07 x
昨日テレビで内視鏡の名医3人が腰部ヘルニアと腰部狭窄症を局所麻酔で手術し、圧迫を取り除きました。術後3時間ぐらいで歩いてましたが、局所麻酔も脳の勘違いになるのでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2009-08-17 13:21
どうでしょうかねぇ。硬膜外麻酔のような効果はあるのでしょう。

プラセボ効果は大きいと思います。
Commented by sansetu at 2009-08-17 17:29
私は手術を否定するものではありませんが、この手の番組はすべてそうですが、始めに結果ありきで製作していますから、うまくいった事例しか放映しません。つまり出来レースなのでニュース以下です。しかしそのニュース報道にしても事実(の切り取り)ではあっても真実かどうかは常に不明です。
もし本当に手術の効果を検証するのであれば、手術後の時間経過に伴う判定をしなければなりません。それも無治療様子見群、TPB施術群などの対症群を設定し、それとの半年後、1年後、2年~5年後、といった比較判定の結果を確認しなければ、情報の価値としては極めて低いものでしかありませんね。
腰痛は機能・心理が深く関わって発症していると思いますが、手術という介入はヘルニア除去という器質介入だけでは済まず、当然に機能・心理への介入も同時に(術者が意図せずとも自動的に)行なわれます。
ということは、手術で治って当然であり、また治らなくても当然なのです。
ゆえにここで大事なのはリスク評価であり、それを前提とした戦略(治療選択の順序の決定)なのです。
Commented by runa at 2009-08-17 23:06 x
手術によって改善されるのは、TPが発生して機能障害を起こした筋...というよりも筋膜や関節包などに発生したTPが切られることによって組織の伸張性(切られて離れるので)の改善。またそれによる内部の循環障害(加茂先生の本にふくらはぎが腫れたのありましたよね?)が無くなり圧力による神経刺激が劇的に改善すると痛みが消えるのではないかと思っています。たまたま、シンスプリントの治療で筋膜切開?すると良くなるとなにか古い本に載ってたような記憶があり勝手な仮説をたてて書き込んでみました。麻酔による効果の他に、構造に影響を与える要素が手術にはあるのでは?と思います。あまりにも見当違いだったらごめんなさい。
Commented by junk_2004jp at 2009-08-17 23:36
たぶん違うでしょう。

切り開いた筋は損傷を受けているのですから、ワケあり筋になる可能性はあってもそれによって良くなるとは到底思えません。
Commented by BN at 2009-08-18 02:50 x
先生、夜中にアホな質問をさせて下さい。
ワケあり筋と心室細動を起こした心筋は、メカニズムが全く違うのでしょうか?
AEDを改造して、パッドを貼り付けて、ボタン一発・・・
は、強力な治療器になるのではないかなどと、
夢見ているのですが(爆)。
Commented by sansetu at 2009-08-18 08:22
上の私のコメントの中の、
「対症群」を「対照群」に訂正いたします。

それとMPS患者ネットワークのサイト全ページ拝見しました。
英語との二本立てはいいですね。
サイトを立ち上げられた方のご努力と熱意に感謝と敬意を表します。
Commented by junk_2004jp at 2009-08-18 12:55
AEDはあるかもしれないね。
今までにAEDのお世話になった人はどうなのでしょうか。
Commented by 国松 at 2009-08-18 16:24 x
>今までにAEDのお世話になった人はどうなのでしょうか。
 昨年、1月末に駅構内で 心室細動を起こし、心肺停止状態になりましたが、約一ヶ月の入院中はワケあり筋は、家人の話しによると ややおさまっていたようです。そのあとは、もとどうりに 見事に復活しました。
 その後、体の状態と相談して、加茂先生の診察/治療をうけて、痛みや歩きにくいということから、うんと ましになりました。
私の場合は あまり効果は、なかったようなかんじです。 
Commented by ram at 2009-08-25 08:33 x
このようなすばらしいサイトができて本当に良かったですね。
先生の活動が次の広がりをつくり始めたようで
とても喜ばしいことです。


<< 寝違え      頚椎ヘルニア >>