2009年 09月 05日

脊柱管狭窄症・すべり症・椎間板症

b0052170_2056558.jpgAさん(50歳代、女性)は半年ほど前より腰痛、下肢痛、睡眠障害に悩まされています。

レントゲン、MRIで脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板症などと診断されています。

これらの診断名は痛みの原因ではありませんし、何ら心配することはありません。

このような構造異常?はとくに珍しいことではありませんし、健常者でもよく見かけるものです。

痛みの本態は筋肉の痙攣(spasm)です。これは不安や抑うつと関係しているものです。

Aさんから以下のようなメールをいただきました。

お蔭様で以前より念願の****へ行ってこれました。2泊3日の予定も一日延長までしてしまいました(笑)。

先生の治療を受ける前は20分歩いただけで足腰がシビレて1時間も横になって休んでいましたが、3週間前より6回の治療で自分でもびっくりするくらい歩けました(家族が本当に驚いています)。

以前の状態では「もう旅行なんて行くことは不可能」と思っていただけに、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。

一昨日に帰ってからも痛みや痺れもそんなにひどくなることもなく、少し腰が重い程度で経過しています。

先生の「腰の病名は気にしなくてもいい」「筋肉が痛みを出しているから歩いて痛かったら自分でなんとかできる」という言葉に励まされて今回は腰のコルセットもつけずに痛みを怖がらずにいっぱい歩いて楽しんで来ました♪

先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。有難うございます。これからもどうぞよろしくお願いします
m(_ _)m

早くお礼を申し上げたくてメールをさせていただきました。

[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-05 21:06 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by teru at 2009-09-06 23:40 x
昨年の12月13日に診て頂きました。その後は強い痛みも無く、またシビレも気になるほどでもなく、順調です。
頚椎のヘルニアと神経根の圧迫がという診断で、将来不自由になる可能性と手術の必要性を言われました。いろいろとわからないことを質問をしても、納得できる返答を得られず悩んだ挙句、手術で有名な2年半待ちの医師の病院を予約しましたが、先生に見ていただいた後キャンセルをしました。
診断の後、痛いときには手術を切望したものですが、ブログを読んでいるうちに症状が治まってしまいました、このようなケース少なくないように思います。今痛い方、悩んでいる方、過去の情報を含めたくさん読んでください!
Commented by junk_2004jp at 2009-09-07 12:48
病名が病態とは関係がないのです。このような病名をつけると治癒に悪影響を及ぼす可能性があると思います。

以下に体験談を書いてくださいませんか。

http://www.mps-patients.net/forum/
Commented by にゃんこ at 2009-09-08 18:03 x
先生、ご無沙汰しております。えーとご紹介いただいたところに今体験談を書いている最中です。まだ途中ですが(笑い)。
始まったばかりのサイトですので症例数が少ないのです。
特にトリガーポイント注射に関しての事はまだ1つしかありません。(笑い)。FREEDOMさんがやってるサイトですが、体験談は敷居が高いと
思いますが、せめて、フォーラムに登録だけでもお願いします。と勝手に
宣伝しました。すみません(笑い)。
Commented by junk_2004jp at 2009-09-08 21:39
そうですね


<< MPS永続的要因(トリガーポイ...      整形外科医よ、勉強しないとダメ... >>