心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 18日

脊柱管狭窄症って???

b0052170_18563169.jpgAさん(60歳代、男性、)は約2年前より図のように腰ー脚が痛くなり、現在は5分間ほどの歩行でひどくなります。(間欠性跛行)

仙台の病院、東京の大学病院、そのほか有名病院2軒で診察を受けました。MRIは合計6回撮りました。

いずれも脊柱管狭窄症という診断でした。

硬膜外ブロックなどの治療を受けましたがよくなりませんでした。血行改善剤も続けて飲んでいます。

手術を観念して、奥様と二人で病院に手術の説明を受けにいきました。

その帰り道、本屋で偶然に私の著書「トリガーポイントブロックで腰痛は治る!」を見つけました。

Aさんは本を立ち読みして感じるものがあったので、その足で(自宅に帰らず)羽田から飛行機に乗り当院を受診されました。
(5月)

当院では4日間治療しました。臀部や下肢の筋筋膜性疼痛症候群でした。TPBを4日間行いました。

飲み薬はなし。モーラステープ処方。

4日間の医療費、3割負担で自己負担5000円。

4日目、20分ぐらいは歩かれるようになりました。

____

本日、Aさんの奥様が腰痛で来院されました。

「私は5月に先生に診てもらったAの妻です。主人は今、元気にしています。」

それを聞いたもので、「今日はブログに書きますよ。」となったのです。

皆さん、脊柱管狭窄症という病態をどう思いますか。

あれはどうみても説明に納得できるものではありません。

神経が圧迫を受けて神経の血行が悪くなり痛みが生じる???そんな馬鹿な!

単なる筋痛症ですよ。五十肩と同じ仲間の病態ですよ。

Aさんがもし2年前に当院にきていたらレントゲンやMRIを撮ることもなく、たぶん数回の治療でよくなったことだろうと思います。

もし人間が四足動物だったら・・・・

五十肩、テニス肘なんかになると歩行が辛いことでしょうね。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-18 19:06 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(13)
Commented by sansetu at 2009-09-18 20:15
>その足で(自宅に帰らず)羽田から飛行機に乗り当院を受診

Aさんのこの(ジャックバウアーのような)素晴らしい判断力と実行力に脱帽です。
半分はご自分の力で勝ち取った結果ですからね。
Commented by ひつまぶし at 2009-09-18 20:38 x
脊柱管の狭窄症より、視野狭窄症のほうがずっとコワイような。。。。。 おっと ( ̄≠ ̄)
MRIに写るものだけが原因だと早合点しちゃうところがすごいです。
今出てる症状(本人が困っている症状)とは直接関係ないようだけど、風景写真として勝手に写っちゃってる・・・というふうには解釈できないものなのかしらん。
Commented by ram at 2009-09-18 21:05 x
いや~!Aさんの思い切りの良さには感動しました。
しかし飛行機に乗って加茂先生の所まで行かなくても
全国どこでもTPの治療を受けられるようにしたいですね。
Commented by junk_2004jp at 2009-09-18 21:11
sansetuさん、その通りです。やはり治りやすい素質があるのでしょう。

ひつまぶしさん

「わかさ」などの本では「脊柱管狭窄症がTPBで治った!」となるのですw。

Commented by TK(タク) at 2009-09-18 21:13 x
東京の病院を受診して、たまたまAさんは本を立ち読みして感じるものがあったので、と言うことは、立ち読みで読み切ったと思う?>亀さん

朝の便で帰るつもりで、昼前に読み切れば、昼の便で小松空港へ。小松へ1時間のフライト。空港から加茂医院へはタクシーで十数分ですから、これなら午後の診察に十分間に合いますね。>十津川警部

そうだ、亀さん、我々もAさんと同じように脊柱管狭窄症んなか、痛くならないのを確かめに小松に飛んでみようじゃないか。>亀さん
Commented by TK(タク) at 2009-09-18 21:14 x
PG1誘導体薬が本当に血管を拡張するなら、炎症メディエータが、洗い流されるはずんだが。。。
①本当は血管なんか拡張されてない。
②炎症メディエータが原因ではない。

ところで、PG2になると有名な炎症メディエータ。紙一重ですね~。

5HTも実は炎症メディエータ。ようはreceptorを感作するか、しないかなんでね。
Commented by junk_2004jp at 2009-09-18 21:23
タクちゃん、ますますマニアックになってきましたねww。もうついていけるレベルじゃないですよww。

僕の本の裏表紙と帯がいいんですよ(笑)。

Commented by ひつまぶし at 2009-09-19 13:54 x
>僕の本の裏表紙と帯がいいんですよ(笑)。

そうだそうだっ!  異議なしっ!!

ところで先生、腰痛患者が1000万って、誰か数えたんですか・・・?(・_・)
Commented by TK(タク) at 2009-09-20 02:04 x
もっとマニアな方もいらっしゃいますし、
ttp://syaruruk.exblog.jp/6891163

私は今も痛いです。この苦しみから逃れるために、真実を知りたいだけです。そうして自分の思う事を勝手に言ってるだけです。

いつか、だれか、「お前の言ってることは、あってる。間違ってる。」とでも、食いついてくれれば、との思いです。
Commented by TK(タク) at 2009-09-20 02:11 x
ヴァネーバー・ブッシュの論文

「As We May Think(われわれが思考するごとく)」/1945 by Vannevar Bush
ttp://sloan.stanford.edu/mousesite/Secondary/Bush.html

”Mendel's concept of the laws of genetics was lost to the world for a generation because his publication did not reach the few who were capable of grasping and extending it;and this sort of catastrophe is undoubtedly being repeated all about us, as truly significant attainments become lost in the mass of the inconsequential.”

「メンデルの遺伝の法則は、何世代も間、世の中から失われた状態であった。なぜなら彼の考えを理解し、発展させる人のもとにとどかなかったからだ。メンデルの法則と同じような悲劇が、私たちの周りで繰り返されているのはあきらかだ。何故なら、本当に大切で実現すべきことは、取るにたらない沢山のことに埋もれてしまっているからだ。」

訳 by TK(タク)
Commented by TK(タク) at 2009-09-20 02:12 x
MPSは現代医学の中にあって埋もれてしまった、大切なことでしょ。
風邪みたいに、ありふれた病気。ありふれた医師が治すべき病気。ありふれてる。だから大切。

ヴァネーバー・ブッシュ:原爆開発の責任者でもあった、有名な科学者
ttp://wbb.forum.impressrd.jp/feature/20061102/313?page=0%2C4
Commented by junk_2004jp at 2009-09-20 05:53
>ところで先生、腰痛患者が1000万って、誰か数えたんですか・・・?(・_・)

野鳥の会でしょ、きっと。
Commented by 国松 at 2009-09-20 05:58 x
ヴァネーバー・ブッシュ氏の文章、清書してみます。心が ザワザワと
騒がしいときに読めば、落ち着くかなあ・・・?


<< 骨と関節の日・・・・筋肉は?      危険な「痛みの遷延」 >>