心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 28日

疼痛学序説 ・ 痛みの意味を考える

b0052170_19131460.gif[疼痛学序説 痛みの意味を考える   Patrick Wall著 横田敏勝訳]

Patrick Wallはゲート・コントロールセオリーで世界的に著名な痛みの生理学者です。

この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

椎間板ヘルニアの手術は70年以上もの間行なわれてきた。もてはやされたこともあったが、疑問が増し続けている。ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。

以前この手術を熱烈に支持していたマイアミ大学 は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。


神経が圧迫を受けて(炎症がおきて)痛みが生じるといっている生理学者は私の知っているところではおりません。

本日、来院された患者さん

以前にL5/Sのヘルニアで手術。

今回は1カ月前、しゃがむ仕事をして、臀部、下腿痛出現。

MRIでL4/L5の椎間板ヘルニアの診断を受ける。

ある日、私のHPを読む。痛みは激減した。

本日、来院、小臀筋やひ腹筋のMPSでした。治療後はとてもよくなりました。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-28 19:22 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by ひとみ at 2009-09-28 23:27 x
私は現在 ヘルニアによる下肢痛と痺れで1ヶ月近く入院しています。
仙骨ブロックを2回打ちました。今週3回目の注射をします。医師は手術を勧めてくるので困っています…。私以外でここの病院の整形に入院している方は皆さん手術を受ける方です。
この病院でTPBをやってはいないか聞いたら医師に「あなたの状態には効きません」とか何とか煙に捲かれました…。
そちらに受診に行きたいです!
Commented by junk_2004jp at 2009-09-28 23:37
仙骨ブロック(=硬膜外ブロック)は神経の先端のポリモーダル侵害受容器(筋肉、筋膜など)からやってくる痛みの電気信号を神経根部で待ち伏せしてストップさせようとするものです。

私も以前はよくやっていましたが、効果は今一なので今はやりません。

「ヘルニアによる下肢痛としびれ」ではなく「筋肉の痙攣による下肢痛としびれ」が正解です。
Commented by ひとみ at 2009-09-29 08:23 x
そうですね、筋肉の問題でしたね。
以前 同じく腰と下肢の痛み、痺れで別の病院を受診した際、
「画像上は腰には異常が無く大腿四頭筋と臀筋の短縮症によって腰と下肢の痛み痺れが起きている。尻上がり現象が見られる」
と診断した医師がいました。
しかし「整形外科での治療は無いのでトレーナーを探して筋トレをしなさい」とだけ言われました。
その時はまだ加茂先生のことを知らなかったのでピンと来ませんでした。
Commented by junk_2004jp at 2009-09-29 08:37
そうですか。

硬くて突っ張った筋肉あるのですね。

筋トレではなくて、ほぐすことがいいと思います。


<< 白山スーパー林道・白川郷      ヘルニア・脊柱管狭窄症・狂乱 >>