心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

器質的・機能的

第四回MPS研究会で大分の山下先生(山下クリニック)のプレゼンテーションから

b0052170_2343435.jpg


器質的要因の反対語として「心理的要因」とか「心因性」とかという言葉が使われることが多く、誤解が生じていることが多いものです。

「機能的要因」という言葉を使うことによって誤解が少なくなることでしょう。

私も著書に書きましたが機能的=functionalです。

functional somatic disease (機能的な身体疾患)=心身症(mind-body disease)

心身症、心因性という言葉は「心」という漢字が使われているので、誤解や拒否反応があることがあります。

どのような痛みも「器質的要因」と「機能的要因」が絡み合っているのです。

多くの医師が言う「器質的要因」=「ヘルニア、軟骨変性、脊柱管狭窄・・・・」ではないことに注目してください。

このような構造上の特徴で痛みを説明することは不可能なのです。

b0052170_23524518.jpg
同じく山下先生のプレゼンから

鍼が鎮痛に効果がある図です。

一つは軸策反射による神経ペプチドの放出

一つは下行性疼痛抑制系の賦活(強める)
[PR]

by junk_2004jp | 2009-09-30 00:00 | MPS | Comments(2)
Commented by TK(タク) at 2009-09-30 01:25 x
こんな、夜更けに心躍るような、ブログ、困りますわ(笑)。寝れなくなってしまいますw。(笑)


そう、軸索はパルスをシナプス末端に伝える他に、
ttp://www.fnorio.com/0038Nerve_signal11/Nerve_signal11.htm


軸索輸送(Axonal Transport):
ttp://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/Sinkeihp.htm
で、神経物質を運ぶパイプの役目もあり

軸索反射で、CGRPが運ばれるかも、
ttp://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_292.htm

その一方、効果器としも、働く。
ttp://www.meiji-u.ac.jp/faculty/dep_phy3/publication/receptor.html

炎症メディエータにポリモーダル受容器が暴露され続けると、閾値が低下する。感作と言ってよいでしょうか?
受容器そのものが変化してしまうこと。受容器のリン酸化も…。

ついでに、
脂質二重層の細胞膜の頭部はリン脂質で出来ている。
ttp://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=Qqsf_UJcfBc&feature=related&fmt=18
(叩いてもびくともしてませんw)
Commented by bancyou1965 at 2009-09-30 13:23
図も拝借させていただきました。m(__)m


<< 脊柱管狭窄症という診断で大学病...      白山スーパー林道・白川郷 >>