心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 02日

腰方形筋・尿路結石

MPS研究会会員51名になりました。

笑さんがよく理解できていないので説明します。

尿路結石で腹痛を訴えてきた方を診察していますと、背部に明らかなトリガーポイント(腰方形筋を横から押したところ)があり、1mlだけ局麻するとなんと腹痛がなくなってしまいました。

その腹痛は腰方形筋の関連痛だったのでしょう。

尿路結石は無症候性でたまたま見つかったのではないですか?

過敏性腸症候群で腹痛を繰り返している方にも同様のトリガーポイントがあり、劇的に効きました。内臓疾患でも関連痛で筋肉のスパズムが生じているのでしょうか。


過敏性腸症候群は腸の機能性の疾患ですね。腹筋や腰方形筋のspasmとの関連はあると思います。

慢性の腰痛や線維筋痛症では便秘・下痢を合併していることはしばしばあります。

腸の機能とお腹まわりの筋肉のspasmはとても関係があるのでしょう。

過敏性腸症候群はトリガーポイント症状と考えて治療するというのもいいアイデアかもしれませんね。


____________________

つまりこういうことです。

b0052170_1319413.jpg


このような痛みを訴えて来院された患者さんがいました。

腰方形筋に強い圧痛がありましたのでTPBをしたところらくになりました。

b0052170_13223222.jpg


念のために検査したところ尿路結石がみつかりました。

___________________________

痛みの原因は腰方形筋のspasmだったのです。

それはそこに局所麻酔を注射したら治ったわけですから。

とにかく痛みを早く止めてやるべきなのです。だからこの治療法でいいと思います。

結石がみつかった時点ではもう痛みはなかったわけです。

あなたなら、この結石を取りますか?放置しますか?

腰方形筋に強いspasmを起こして(いわゆるギックリ腰)くる患者さんは多いです。

TPBですぐによくなることは多いです。

よくなった場合でも結石などの検査をルーチンにやるべきだと思いますか?

_______________________

なりすまし筋

b0052170_17184494.jpg


小胸筋のspasmは狭心症、腹直筋のspasmは虫垂炎に誤診されることがあります。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-10-02 12:36 | MPS | Comments(34)
Commented by at 2009-10-02 17:55 x
>笑さんがよく理解できていないので説明します。
理解していないのではなく間違いを指摘しているのです。空想論の説明は結構なので証明してください。見せてください。

尿路結石を疑い来院されたらもちろん尿路結石か違うのかの診察、診断は必要ですよね?レントゲン撮るのか何をするのか知りませんが?この時にTPBで改善したら腰痛ですと言うのですか?笑 ちゃんと診断してあげてください。笑

尿路結石も症状が少ない時は、基本は安静、投薬での排石です。この時によほど変な治療以外はお腹や腰をさするのもいいでしょう。人によっては足や腕をさする人もいるかもしれません。もちろんTPBでもいいのでしょう。

しかし根本的な痛みや症状の原因は結石なのです。これは100年経っても200年経っても変る事のない絶対的理論です。尿路結石があるなら安静の保存療法なのか、体外衝撃波治療なのか、内視鏡治療なのか、最後まで排石されたのかどうか確認してあげてください。笑
Commented by at 2009-10-02 18:06 x
胃痛の時に背中の痛みと勘違いする方もいるでしょう。私の父は急性盲腸炎で最初ギックリ腰だ、腰が重いといってシップを貼りうずくまっていました。しかし腰や背中の痛みが治まらず救急病院に行って初めて盲腸だとわかりました。もう少し遅ければ危なかったそうです。でもこちらに行ってたら間違いなくTPBを腰に打たれてたと思います。笑

神経の圧迫も同じでしょ?根本的な原因があるのにそれを見ずに痛いところにTPBしても直りません。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-02 18:24
お分かりになりませんか?

>尿路結石を疑い来院されたらもちろん尿路結石か違うのかの診察

どこに尿路結石を疑って来院されたと書いてありましたか?
Commented by junk_2004jp at 2009-10-02 18:31
>腰や背中の痛みが治まらず救急病院に行って初めて盲腸だとわかりました。もう少し遅ければ危なかったそうです。

この診断が正しいかどうかはわかりません。

虫垂炎の関連痛なら圧痛点はないでしょう。

またTPBをしても痛みは止まらないでしょう。

虫垂炎は腹痛、嘔吐、発熱などを主症状とする虫垂の化膿性炎症性疾患です。

誤診することはないと思います。

胃の痛みの関連痛として背部が痛いのなら圧痛点はありません。よってMPSではないです。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-02 18:34
神経の圧迫によって痛みは生じません。
Commented by KosuGi at 2009-10-02 19:05 x
>笑さん
笑さんが提示したいケースは、その表現の不正確さによっていくつかの「事実」と「可能性・仮定」が混在している様なので、医療者側にしてみればそれぞれをきちんと分ける必要があると思います。当方が笑さんの解釈してみますので、表現の違いがあったら訂正して下さい。ただ、笑さんも患者側として主張する場合には、物事をできるだけ正確に過不足なく医療者側に伝える義務があるのをお忘れなく。でないと、医療者側が必要とする問診のデータ的価値が薄れてしまい、正しい処置や診断を行えなくなりますよ?

1)腰痛のみを訴える患者が来院した場合、まず”TPB”をするつもりなのか?
→これは現実的にありえません。医療は問診と診察が基本かつ最重要なので、これを十分に行った上で次の一手(検査or治療)を慎重に選択する必要があります。加茂先生のブロクで紹介されている各症例も病歴および症状が細やかに記載されているので、問答無用にTPBを行っているわけではないと思います。
Commented by KosuGi at 2009-10-02 19:17 x
(続き)
2)病歴、症状、身体所見から尿管結石や虫垂炎が疑われるような患者にも、まず”TPB”を行うのか?
→つい先ほど加茂先生がコメントされておられますが、加茂先生を含めて医師全員は患者に対して検査や治療をすべき症状の基準・条件に関する一定の知識や経験、診察技術をもっておりますので、その篩い分けに従えばTPB適応症例の判別はさほど難しくないはずです。そこできちんとした検査が必要であると判断できれば、加茂先生も専門施設に送られているようです(※過去のブログで拝見した記憶があります)。
Commented by KosuGi at 2009-10-02 19:27 x
(続き)
3)痛みがあれば何でも”TPB”で治るのか?
→純粋に腰痛のみを訴える患者の約80%は詳細な検査を行っても原因不明とされているようです。そのうちの何割がTPB適応症例かは不明ですが、その大半は従来型の除痛・鎮痛手段でうまくコントロールできていないはずであり、であるとすれば安価かつ安全なTPBを行う意義はあるでしょう。加茂先生の病院にお越しになる患者さんは既に他施設である程度の篩い分けが行われていることが多いかもしれませんので、その分TPB有効例の割合は更に多いかもしれません。
診察の流れや診断までの思考パターンを100%文章や編集動画で表現できない以上、笑さんが求めるような証明はどんな治療法においても求める事はできないと思います。
Commented by KosuGi at 2009-10-02 19:41 x
(続き)
4)尿管結石や椎間板ヘルニアは痛みの原因ではないのか?
→例えば、一般に尿管結石の痛みは結石の尿管内通過に伴うものとされておりますが、それを再現した動物/人体実験に関する論文は少なくとも当方は見たことがありません。その一方で、鍼や用手圧迫による鎮痛が極自然に広まっているという事実もあります。”痛みの性状が違うから違う病態だ”といっている方々もいらっしゃいますが、疝痛発作時に尿路造影を行わない限りは各症例における結石と疼痛の因果関係を証明できないので、何ともいえません。ちなみに大きすぎる腎結石は尿管を通過できないので、疝痛発作の原因とは言えないと思います。
ヘルニアも同様で、同様の画像所見なのに症例毎に症状に歴然とした差が有るのは何か不思議な気がしませんか?笑さんの以前のコメントでは”圧迫の程度や期間の関係”の可能性を挙げておられましたが、もしそうであれば症状に関係なく初期段階で手術した方が予後がいいはずです。なのに、”手術は待てる”という方々の思考パターンとは・・・?
Commented by 傍観 at 2009-10-02 20:33 x
ヘルニアを再現した動物実験はあるみたいだよ。
腰部神経根性疼痛メカニズムの解明と題して、興味深い内容です。

ttp://www.wakayama-med-ortho.jp/p_medical/p_work_03.html
Commented by 患者 at 2009-10-03 00:54 x
笑さんの意見に賛同します。
加茂先生の考え方に当てはまる症例もあるでしょうが、少し、考え方が偏りすぎでは?
Commented by junk_2004jp at 2009-10-03 01:21
トリガーポイントと内臓疾患が関係しているといっているのではありません。

むしろ、関係が証明されていないといっているのです。

あなたが誤解しているのです。

内臓疾患と合併していることもあるでしょうが、それは合併しているというだけのことで、別々のことです。。

筋筋膜性疼痛症候群の診断基準

●大基準

局所的な疼痛の訴え

筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感

触れやすい筋肉での索状硬結の触知

索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在

測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準

圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する

圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応

筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する


診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用
Commented by junk_2004jp at 2009-10-03 01:26
このことはTPBにだけ関係したことではないです。

硬膜外ブロック、神経根ブロックだって同じことですね。

「硬膜外ブロックで痛みは治ったが検査したら腎結石がみつかった」

でも同じことです。
Commented by 患者 at 2009-10-03 01:30 x
三か月前より、左足の痛みがひどく、整形外科にてヘルニアと診断をされ、保存療法にて治療を行なってきました。二か月経ってもよくならす゛治療法に疑問をいだきはじめた結果、加茂先生の考え方に出会いました。なるほどと思い、左足の筋肉の痛みを取り除くべく治療を行なってきました。一時期、かなりの効果があり、やはり、従来の治療法には誤りがあると確信しました。しかし、ここにきて、回復基調にあった左足に激痛が。この痛みは、三か月前の痛みよりひどいものでした。この時、まだ自分は加茂先生の考え方を信じて疑いませんでした。
Commented by 患者 at 2009-10-03 01:33 x
しかし、MRIを撮り直し、その画像を見た時に、やはり従来の診断で誤りはないのでは?と思ってしまいました。それは、MRIに写るヘルニア部分が三か月前とくらべて、明らかに違ったからです。三か月前よりも飛び出していました。どおりで三か月前より、痛いはずだと納得してしまったのですが。。
考え方、おかしいですか?
Commented by 患者 at 2009-10-03 01:37 x
加茂先生はTPBを打ったあとの患者さんの行方を把握していますか?痛みが消えたのはその場しのぎになっていませんか?
自分は、以前、有名な整体に行ったのですが、特に効果がなく、行くのをやめました。
しかし、そちらの先生は自分の知り合いにこう言っていたそうです。「彼は完治して、もう通院しなくてもよくなった。」
いやいや、効果がないので、行ってないだけです。
加茂先生に治療を受けて一時的によくなった患者さんは、どうでしょうか?その後。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-03 01:49
はい、考え方がおかしいですよ。

私はそれほどうぬぼれではありません。

ではヘルニアの手術後、こなくなった患者もおなじですね。

手術後も痛みのとれない人はいっぱいいます。

痛みのメカニズム、慢性痛がどうしておこるのかを勉強することです。

>最初に重要なトリガーポイントが不活性化されるなら、さらなる治療なしで患者は回復するかもしれない。

Commented by BN at 2009-10-03 08:45 x
「痛みが強まるにつれて、MRI画像上のヘルニアが大きくなっていた。」
(因果関係はわからないので、この語順の表現にします。)
という経験は、私もありました。

10月1日のトピックにも書かせて頂きましたが、経過としては、
・昨年9月:MRIではL5-S1に異常なし。(L3-5の2カ所は前からヘルニアあって、結局10月に除圧・脊柱管拡張の手術を受ける。)
 (術後快調)
・今年4月末:右足立て膝で床に座った時に、右中臀筋付近から「ピリピリピリ」と音がしたように感じて右下肢痛再発。TPB注射再開。
・5月末:MRIで、L5-S1に右斜め後ろ方向に緩やかに膨れあがった外側型ヘルニアあり。
・7月:部屋の掃除をしているうちに痛みが強まる。夕方には範囲拡大、激痛となり歩けなくなる。翌々週のMRIでL5-S1外側型ヘルニアがさらに拡大していた。
Commented by シャルル at 2009-10-03 11:39 x
手術して、ヘルニアがなくなったけど、同じ痛みが再現される。
ヘルニアがまだ同じ状態で存在するけれど、痛みがない時が多くなっている。

こういう体験をしています。いずれもMRIで、確認済み。

友人は、腰のヘルニアの手術直後に、その下にヘルニアが出ました。
ところが、下のヘルニアは痛みがなかったので、先生が頸をかしげながらも退院して、無事職場復帰。
本人も、先生も、訳が分からないけど、まあ、痛くないからいいやといってます。二つ目のヘルニアのほうが、画像的には、ひどいそうです。
Commented by at 2009-10-03 11:52 x
>お分かりになりませんか?
すみません、噛み合ってないのでしょうか?

>尿路結石で腹痛を訴えてきた方
この部分の尿路結石は誰の判断の尿路結石なんですか?また今そんなに指摘するほど重要な事なんですか?まあいいのですけど。
どっちにしても大きな結石が残っている以上直りません。原因は尿路結石です。笑

>この診断が正しいかどうかはわかりません。
これを聞いて急性盲腸以外あるのですか?何か違う可能性の疾患があるなら教えてください。笑 
筋筋膜性疼痛症候群なのでしょうか?繊維筋痛症なのでしょうか?笑

>誤診することはないと思います。
私の父の時、腰に凝りがあるので揉んでくれと言われ揉んでいました。この状況では間違いなくこちらではTPBを打たれますし、研修医にも煽っているじゃないですか?煽ってないのですか?笑
Commented by at 2009-10-03 12:14 x
>KosuGi さん
あんたはああ言えば祥祐か?笑
私の文章が意味不明ならもう解釈は結構です。医療者側にこれ以上の説明は私の語学力では無理です。なので私は助からないでしょう。笑
とにかく御託はいいので証明してください。証拠を見せてください。こちらの信者さんは証明もされてない、映像もなに一つないのにとにかく御託武装なんですね。それで直る気にさせる説法は一流です。

>これを十分に行った上で次の一手
こちらでは画像診断は意味ないようです。10年に一人ぐらいの方が別施設に行ったようですが。画像診断、その他検査必要ですよね?肩凝りマッサージレベルではないのですから。笑
何か自分の体の変化、異常で診察に来ているわけですから画像診断はもっとも患者にとって必要ですよね?

>問答無用にTPBを行っているわけではないと思います。
若い研修医に煽ってはいますけどね。笑
Commented by junk_2004jp at 2009-10-03 12:27
痛みの診断はまず

除外診断(悪性腫瘍、感染症、明らかな外傷性の損傷・骨折など、リウマチ周辺の炎症性疾患といった非特異的な病理を示す疾患を除外する)・・・これは画像診断、血液診断です。

次に、積極的診断(どうすると、どのような環境で痛みが再現するか)

次に治療的診断です。どのような治療でどうなるのか観察します。

このような手立てで総合的に診断します。

研修医といえども医師免許を持っているのですから、上記のような常識はわきまえていると思っています。
Commented by at 2009-10-03 12:47 x
>KosuGi さん
あなたが思っている、あるいはこちらで書かれているほど専門医や指導医はむやみに手術を勧めておりません。安心してください。また手術でよくなっている方は非常に多いです。なのであなたのような臨床医が手術でよくなる方法を止めなくても大丈夫ですから。笑

>純粋に腰痛のみを訴える患者の約80%は詳細な検査を行っても原因不明
80%は手術の必要のない普通腰痛ですか?なら星の数より多そうな、今でもチェーン展開が続く代替治療家の出番ですね。そして20%が原因が分かり手術をし大半がよくなっているのですね。中には手術を拒否してそのままの方もいるでしょうし、後日症状が出て手術される患者も非常に多いです。それは圧迫の程度や期間によります。

>尿路結石
とりあえずご説明ありがとうございました。
Commented by at 2009-10-03 12:56 x
>傍観さん
ありがとうございます。
こちらの吉田医師は内視鏡の名医。テレビによく出てますね。
皆さん劇的に回復されているのでとても長く待たないとだめのようですね。
Commented by at 2009-10-03 13:03 x
>患者さん
ありがとうございます。
これだけ偏っていたら間違いなく逆にTPB治療の発展を遅らせていると思います。
Commented by at 2009-10-03 13:12 x
>はい、考え方がおかしいですよ。
なぜここで考え方がおかしいと断言できるのでしょうか?
なぜ加茂先生の理論だけが正しいのでしょうか?

>痛みのメカニズム、慢性痛がどうしておこるのかを勉強することです。
専門医、指導医も日々加茂先生同様考えていると思います。しかし今のところ神経の圧迫と痛みが関係していない事は残念ながらなに一つないのです。ですから専門医、指導医にもっと勉強しなさいという前に証明しなければなりません。私も間違っているでしょうか?笑
Commented by 堪忍袋 at 2009-10-03 16:39 x
笑ってやつは、アホですね〜〜ほんとにアホだ。

こんなアホめったにいない。

筋肉にも痛みの原因があるってことが分からない。

何回説明しても日本語が通じない。

手術の宣伝に来たんだな〜きっと。

こういうアホがいるから手術屋は、儲かっちゃうんだよね〜〜

その後始末を加茂先生がやってるの、わかんないだろうな〜〜
こういうアホには。
Commented by 堪忍袋 at 2009-10-03 17:06 x
それと・・・

あんたはああ言えば祥祐か?笑

ってなんだよ。

びっくりしたよ、いまごろそんなこと言う奴がいたんだ。

しかも漢字違ってるし、上祐だろうが。

やっぱりこつは、アホだよ。
Commented by やれやれ at 2009-10-03 18:42 x
この笑って人は医者なのか?

医者であればひどすぎる。

こんな人がいるから困る患者も出てくるわけだ。

自分の持論に凝り固まってて再考しようという気も全く無い。

笑って名前もコメント読んでれば嘲笑という言葉がぴったりだ。

頭から人を馬鹿にしすぎているところが、こちらからした苦笑するしかほかならない。
Commented by at 2009-10-05 12:56 x
>堪忍袋さん
>筋肉にも痛みの原因があるってことが分からない。
筋肉痛が原因と神経の圧迫が原因とを一緒にしないでください。
それともほとんど全ては神経が原因ではなく筋肉なのですか?

>その後始末を加茂先生がやってるの、わかんないだろうな
神経の圧迫さえ取っていれば、その後の治療には効果があるかもしれませんね。

上祐は私もたまたま思い出した程度なのでスマソ。
Commented by at 2009-10-05 13:04 x
>やれやれさん
医者ではありませんので安心してください。

>自分の持論に凝り固まってて再考しようという気も全く無い。
私もこちらの先生には及びません。
自分の都合の良い文献しか認めず、それを疑問に思う人とまともな交流をしないのはこちらの先生ですよ。

>頭から人を馬鹿にしすぎているところが、こちらからした苦笑するしかほかならない。
同じく、何一つまともに証明されていないことを、勉強しなさいといつも専門医や指導医に笑っているのはこちらの先生ですが、それはよいのでしょうか?笑
Commented by 堪忍袋 at 2009-10-05 13:25 x
お!笑ちゃん、また来たね〜〜^^

あやまるんだったら、許してやるよ。

あんた、医者じゃないんだったら、患者??

腰が痛いの??
Commented by 患者 at 2009-10-05 15:35 x
堪忍袋さん、あまり挑発的な物言いはやめたほうが良いのでは? いくら、MPSの考え方が正しくても、そんな物言いでは、伝わるひとにも伝わらないのでは?MPSの考え方を広めて、ひとりでも多くの患者を現状から救いたいのでしょう?
秋桜さんの言うように、議論がされるのは良いことです。それとも、もう議論は出尽くして、これが結論とでも言いたいのでしょうか?!それはとても危険なことだと思いますよ。
Commented by 堪忍袋 at 2009-10-05 17:09 x
相手にあわせてるだけですよ。^^


<< 神経障害性疼痛・筋性疼痛      脊柱管狭窄症という診断で大学病... >>