心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

第1回 線維筋痛症学会

b0052170_18434769.jpg


抄録集より

◎線維筋痛症に至った誘因は交通事故が6例、何らかのストレスが10例、手術後3例、腰痛からが2例であった。10例は局所の筋筋膜性疼痛から発展して生じていた。

◎関連疾患、原因疾患は、手術、事故後のRSD(CRPSタイプ1)タイプが4例、メンタル面が3例、脊椎関節炎が2例、脳脊髄液減少症が1例、C型肝炎が1例であった。

◎FMの身体的背景には、手術の既往(46.0%)、整形外科的疾患(33.3%)、交通外傷の既往(23.8%)等を認めた。


どうしてもしなければいけない手術ならそれが原因で線維筋痛症になったとしても、しかたない。

ケイしゃんもシャルルさんもヘルニア手術後のFMに分類される。

線維筋痛症にならないようにするには、可能なかぎり早く痛みを止めること。不必要な手術はしないこと。

b0052170_1991230.jpg


私たちMPS研究会は図のように考えている。早期に筋痛を止めることがだいじなことだ。

将来、初期の筋痛の鎮痛を怠り、線維筋痛症になると、医師が訴えられる日がくるかもしれない。

私が診ているFM患者さんの中にも初期の診断はヘルニアが多い。ヘルニアなどの腰椎手術後、頚椎手術後の人ももちろん何人かいる。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-10-09 18:56 | 線維筋痛症 | Comments(2)
Commented by ram at 2009-10-09 19:36 x
出来るだけ早く鎮痛することの大切さを感じています。
気分は大きく落ち込み、
人生の質が変わってしまいます。
Commented by junk_2004jp at 2009-10-09 19:38
そうです。自殺もあるんです。

仕事、お金、家庭・・・・


<< 診断      ブレンダの悲劇 >>