2009年 10月 29日

「手術でよくなる可能性は5分5分です」

掲示板より

父の場合、力が入りにくい方の足は、血行不良で少しむくんでいます。

1年半前までは、ゴルフや散歩が趣味で毎日のように、長時間歩いていました。ところが2週間の旅行の間、片方の足に力が入りにくくなってしまい、歩く時杖を使用するようになりました。

今では2本杖を使ったり、5分以上の移動は車椅子です。ところが、ルームランナーでつかまって、ゆっくりなら30分は歩けるのです。運動不足を気にして、今も時々ルームランナーで30分くらい、ゆっくり歩いています。
 
一年半前、急に足が弱ったのは歩き過ぎて、筋肉が疲弊してしまったと私は想像しています。腰の痛みはずっとあるわけではなく、動作始め、体位によって痛みがでるらしいです。ずっと座っているのも、苦痛とのことで横になることが多いです。

今まで、病院でリハビリや血行を良くする注射などをしてもらっていました。私は、よくわからなくて、今まで有効な改善方法の提案もできませんでした。

だめもとでも、せめて、情報集めをもっと積極的にするべきだったと反省している次第です。

今さら質問するのもどうかとは思いますが、参考までに教えてください。筋肉を鍛えるのではなく、ゆるめるとは。。。。具体的にどうすればよいのでしょう?


____

こんばんわ

脊柱管狭窄症と言われている主人の父が、手術を決めようとしています。

今、手術を前提に、内科的に問題がないか検査中です。本心を言えば、全力で止めたい気持ちです。

加茂先生のご本を見せて説明したり、自分の体験を話したりしましたが、決心を翻すのは難しいとしみじみ感じています。

一度、受診に他の家族と一緒に付き添い、医師の説明を聞きましたが、突っ込みどころ満載でした。

手術事体は成功しても、症状が改善するかどうかはしてみないとわからないと医師は、はっきり言いました。
でも良くなる人もいる。。。という医師の言葉にかける気持ちが、父には強いのです。

患者が希望すれば、良くなるかどうかわからない手術をするなんて。。。。

あきらめるしかないのか、この数日、悩みすぎて?いつものひどい肩凝りが、よけいずっしり。。。です。
すみません、ぐちってしまいました。

_________

その後...

皆様 お久しぶりです。

2ヶ月程前、主人の父が脊柱管狭窄症の手術を決めてしまったこと。全力で止めたいのに、本人が強く希望しているため、かなり難しい事等、書かせて頂きました。
 
その後ですが、内科系の検査をすべて終え、入院してミエロ、手術に備えての自己採血までして、手術日を明後日にひかえた日、最後の面談(医師、本人、家族)で、結局、手術は無期延期という結論になりました。

本人は歩けるようになる可能性が半分はあると信じて決めたのですが、症状の改善は未知数であるということ、様々なリスクをやっと理解してくれました。

医師は、良くなる可能性は5分5分と言う言い方をしたので、良い方に解釈してしまったのです。5分5分って、結局わからないということなのですが。。。

いろいろ心配していたので、とりあえず、ホッとしています。家族の都合と時期を見て、一度小松に伺う予定でいます。

加茂先生  その節はよろしくお願いします。


b0052170_19593231.jpg
お義父様の症状は中臀筋のMPS(筋筋膜性疼痛症候群)でした。

中臀筋に圧痛がありました。前かがみになって2本杖歩行です。

杖を使っていたため、肩甲下筋にもMPSが生じていました。

TPB後はすぐに症状の改善がありました。

海外旅行から帰ってから急に痛みが出て歩行困難になりましたので、飛行機内の座位が発症に関係しているのかもしれません。

お尻の筋肉が凝っているのです。

このようなことが肩で起きると「五十肩」といいますね。五十肩だって、痛くて眠れないときもあります。慢性化とともに痛みは軽くなりますが、可動域が狭くなります。

私は保証します。

中臀筋をほぐすことで、またもとのように歩行できるようになります。

かかりつけ医の紹介で脊椎専門医を受診してこのありさまです。

早い段階でさっさと治療すれば、数回で治った可能性があります。

この脊椎専門医は正直な方なのですが、なぜ痛いのか、いったい何が起こっているのかさっぱり理解していないのです。

いや、この専門医だけでなくほとんどの専門医がそうなのです。

脊柱管狭窄症のマニュアル本そのものが怪しげなんです。

脊柱管狭窄症花盛りですね(笑)。なにも疑うことなく、マニュアル本の通りに診断する・・・・。

手術でよくなるか、よくならないか(悪くなる)は出たとこ勝負。

痛みの本態は筋肉のspasmですので、どんな方法でも改善する可能性があります。フィリピンの心霊手術でも改善するかもしれません。

今日はこの方以外に脊柱管狭窄症の手術を受けたが良くならない中年の女性を診察しました。ヒラメ筋のMPSでした。TPB後は症状の改善がありました。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-10-29 19:47 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by TBS at 2009-10-30 00:28 x
火曜日Nステーションで繊維筋痛症の特集をしていたみたいですが、誰か見た方いますか?

内容教えてください!?
Commented by じゅん at 2009-10-30 07:18 x
TBSさん
パソコンをお持ちでしたら
ttp://www.tv-asahi.co.jp/hst/movie/feature/
に動画がアップされています
Commented by お世話になりました at 2009-10-31 23:33 x
夕方、愛知県に帰ってきました。
治療直後から症状の改善が見られて、本人も家族もとても喜んでいます。

帰ってからすぐ、父に、私の100均コロコログッズをひとつ進呈しました。
先生から丁寧に説明を受けたので、希望を持って、コロコロもちゃんとやるみたいです。
父が強く希望していますので、来月もまた先生の所に通わせて頂きます。
お世話になりました。また、よろしくお願いします。
Commented by junk_2004jp at 2009-11-01 10:20
よかったですね。

希望がなによりの薬です。


<< このように正しく判断できる人が...      ヘルニアと線維筋痛症・・・・い... >>