心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 31日

このように正しく判断できる人がいる・・・・・

いま痛切に思うことは、私のこの痛みをヘルニアが原因だと決めつけてしまうには腑に落ちない点が多々あるし、あまりにも安易な診断なのではないかということです。

体の機能は一つだけが独立して存在しているわけではないのに、たまたま画像を撮ってたまたまそこに異物があるからそれが原因だと決めつけて、しかも、その異物を切り落とせば治療になるんだなんて考えは恐ろしすぎると思いました。

確かにヘルニアは存在し関与もしてはいると思うけど、私のこの症状や動きや体勢による痛みの変化は、どうしてもヘルニアからくる痛みとは思えません。

そして、こうして安静にしていてもかえって、歩行なども困難になっているような気がするのです。

本当に、この時期を単に安静にして過ごしてよいのだろうか。

こうやって我慢していてよいのだろうか。

そんなとき、加茂先生のサイトに出逢えました。


Aさんは今年8月、腰痛、下肢痛がおこり座位が困難となりました。それで病院を受診し・・・・


診察の待ち時間も、とてもじゃないけどソファーに腰掛けることが出来ないので立ったまま待つ。

まずはレントゲン撮影。

骨に異常はありませんが一つ疑わしいのは椎間板ヘルニアですと言われて次はMRI検査。

その結果がL5/S1の椎間板ヘルニア。

医師は『これは典型的ヘルニアですね』と感慨深い様子。

治療はどうするべきか尋ねると、『安静に過ごしてください。寝ているのが一番負担がないから』と言われる。

様子をみて悪化するようだったら手術を・・・・・



一方・・・・別の方から次のようなメールをいただきました。

トリガーポイントについて幾ら説明しても、まったく信用してくれず、困り果てています。

「レントゲンではっきり歪みが写っているし、飛び出た骨が神経に触っているのに、注射で治るわけがない」と、こんな感じです。


このように思う患者さんも多いことと思います。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で痛みやしびれが生じるはずがありません。

痛みやしびれはC線維が興奮しておこります。C線維が圧迫を受けて、炎症が生じたり、血行障害がおこりその結果C線維が興奮するということはありません。

ただし、神経障害性疼痛(CRPSタイプ2)という特殊な痛みがあります。代表的なものは幻肢痛です。切断された足が痛むというものです。

これは難治性疼痛で手術で治るものではありません。

こういうことは突拍子もない説ではなく、痛み学のABC(誰でも知っている基礎的なこと)なのです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-10-31 00:37 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 診断と分類      「手術でよくなる可能性は5分5... >>