心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 10日

ヘルニアが手術をしてよくなることがある理由

個人的体験

私はヘルニアや脊柱管狭窄症など筋骨格系の痛みの本態は筋肉の痙攣痛だと思っている。

身体の部位によって痛みのメカニズムが違うということなど考えられない。かゆみをちょっと想像してみよう。(腰、尻、下肢・・・どこが痒くても湿疹、真菌症というように)

その痛みが治る方法はいくつもある。人類の長い歴史、数えきれない地域がそれを証明している。

たぶん江戸時代のほうが現在よりも痛みを訴える人の割合は少なかったと思う。

神経、軟骨、椎間板などという言葉も無かったのではないか。言葉がないから概念もない。

MRIもレントゲンもない。

このような状況下では人間の感性、本能はもっと鋭敏で案外気楽に簡単に治していたのかもしれない。

たとえば湯治、休息、操体法、ヤイト、按摩、鍼など。本能として筋トレはしないでしょう。

画像を見て恐れることもなく、将来の麻痺を宣告されることもない。手術の可能性などみじんもない。

それに引き換え現在の日本では、画像診断、医師の個人的思いこみを刷り込まれ、患者を不安に追い込んで治りにくくしてから、違った方向への治療が始まるわけだ。

つまり医師の自作自演の可能性がないとはいえない。


次はある方からのメールです。
*年*月頃、両足にも痛み、痺れを感じる
*月*日、ペイン医院でブロック治療開始するが、あまり効果なし
*月*日、脊髄腫瘍が見つかり良性で現在の痛みと無関係と言われるが
*月*日、大学病院で摘出手術をしてもらう
*月*日、退院後、痛みは無くなったが1週間位で痛みが戻る


ヘルニアが見つからなくて手術を中断したケースでは、37~43%の改善率を示したそうです。

私の患者さんで椎間板ヘルニア&坐骨神経痛の人が子宮筋腫の手術をしたら神経痛が治ったという人がいる。

これらはプラセボ効果ではない。

痛みは脳の活動、筋の攣縮なのだから全身麻酔の影響は外して考えられない。何らかの影響があるのだろう。

脳内リセット

全身麻酔は脳と筋肉に何らかの影響を与えているのは間違いない。重症の線維筋痛症に全身麻酔療法があってもいいと思う。

次に考えられるのはプラセボ効果

プラセボ効果はどのような治療にもあり、特に痛みの治療にはその役割は大きい。プラセボ効果を上手に使う医師こそが名医なのかもしれない。それは安上がりで副作用もない。

もちろん私のしているトリガーポイントブロックも局所麻酔の効果+プラセボ効果。

プラセボ効果を上げるには、その治療が有効だということを信じることが最大のポイントだと思う。

効果があると信じている治療をすれば、疼痛抑制系が強化されるという実験が報告されている。

ヘルニアは手術をしてもしなくての経過に大差はないという報告がある。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-11-10 08:33 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(9)
Commented by 傍観 at 2009-11-10 23:41 x
1週間で痛みが戻る人もいれば、30年以上痛みが再発しない人がいる。
この差はなんですか?

TPBでも治らない場合は、どのように対応しているのでしょうか?

ヘルニアは手術をしてもしなくても経過に大差はないという報告は、全員に当てはまるのでしょうか?

アンチ諸君達が疑問にしている話題は、MPS研究会に集まった脊椎脊髄専門医、指導医の人達とは議論しないのでしょうか?
それに対して、それらの人達は皆、ALL MPS説を信じているのでしょうか?

と思っている、の思っているに対しては、いつまで思っているなのでしょうか?
科学的根拠を示そうと思わないのか?

どうせまた質問でかえすのでしょうね。
Commented by 手術をしたがる医者の被害者 at 2009-11-11 10:12 x
>傍観さんのコメントを引用させていただいた、横レス?すみません。

医師が自分の都合良く、医療行為の結果を評価するとき、個体差、という言葉を使われませんか?30年経っても再発しないのが普通で、1週間で痛みが戻る人は、手術が合わない個体だった、そういうのですよ。

ならば逆の言い方もできますね?手術が不要なところに下手なことやったら1週間でも痛みが戻るのは当然なのに、30年以上再発しないのは元々の個体差があったからで、取り立てて正当な術式でも治療でも無かった・・・

患者の都合の前に医者の都合が覆い被さると、なかなか素直に真実(患者の人生を救える治療)に辿り着けないんじゃないでしょうか?

医師の皆様方に、個体差を見越した 適切な 治療に当たってくださることを望みます。自分の失敗や無知を個体差があったから、なんて素人騙しの説明は最低ですが、それを臆面無く言う医師がいるのです。
マニュアル通りの治療は治療にならないどころか病む人を増産すること多し・・・と、ここのブログで学んで頂きたいです。
Commented by at 2009-11-11 10:55 x
では今のところ画像診断は必要ないのですね。悪徳病院なら原価償却できた機械で儲けるはずなのに、経営を圧迫してもどんどん新しいMRIを導入してますが何故なんでしょうね。医師にも患者にもメリットが大きいからでしょ???

ペシャンコに押し潰された脊髄は、その画像を見たのが間違いだったのですね。見たショックで痛いと思い込んでいるだけだったのですね。笑
Commented by at 2009-11-11 10:58 x
福島医大の教授が何ほざこうが、福島医大は県下でも最先端脊椎手術の名門で県外からも殺到してますね。テレビでも何度も取り上げられていましたが、お年寄りにも負担の少ない手術で有名ですよ。

私が見た時はすべり症で動けないおばさんが、切らずにレイザーで神経の当った骨を少し削っただけでそれこそ1週間後には動き回って家事をこなしていましたがこれは脳の勘違いですか?笑
いまでも先端医療でお年寄りにも勧めているようですが福島医大は2つあるのですかね?笑

結局現状では著名な生理学者も手術を受けますね。勉強している事と手術は別問題なのでしょう。笑
Commented by at 2009-11-11 11:05 x
それに先生は相変わらず自分だけに都合のいい解釈や空想が好きですね。笑

何故江戸時代なのですか?寿命も何もかも違いますよね?笑
まさか江戸時代脊髄圧迫や神経圧迫による半身麻痺の寝たきりや、首腰の痛みをかかえた人が居なかったと思っているのですか?皆元気に農耕作業していたと思っているのですか?笑
タイムマシーンで確認してから言ってください。笑

当時、寝たきりのような状態で生きれたかどうか知りませんが。
Commented by at 2009-11-11 11:09 x
YOSHIKIはこないだ主治医も驚くほど劇的に回復し、活動も始めているとありましたが、その後が気になる先生としてはいけませんね。

何故手術を2回に分けたか疑問のようですから、先端医療の分る医師に聞いてもらってください。笑
Commented by 笑笑笑 at 2009-11-11 13:44 x
笑とか傍観とか

アンチ諸君には、もっと、ましな人材がいないんでしょうかね〜〜

たしかにピンボケだね。

Commented by at 2009-11-11 17:56 x
>笑笑笑さん
まともに考えたら誰でもプラセボ、脳の勘違い、全身麻酔、麻酔を打つ体勢、ペシャンコに潰れた脊髄も問題無し、これの方がはるかにピンボケですよ。笑

それを証明しないで、指導医も理解してないのに皆さん理解しているのですか?あなたも理解できているのですか?素晴しい。笑
手術経験者が体験を元に、主治医の意見を元に述べているのに、こちらの先生は何一つ答えになっていないと一蹴。誰が理解できるのでしょうね。笑

やはり私の意見もピンボケでしょうか?笑
Commented by junk_2004jp at 2009-11-11 18:26
そう、とてもピンボケしていますよ。気がつきませんか(笑)昨日も何人かの人に笑われていましたね。それは全部スルーですか(笑)。

まず、痛みと麻痺を区別すること。

それから、脊髄脊椎専門医は痛みの専門家ではないことを理解すること。

貴方の意見を聞いていると生理学的な問題ではなくて、どこのだれそれが言っている、そんなのばかりですね。

神経が圧迫を受けると痛みが生じるのか?

この一点に絞って調べてください。

あなたにとってこのブログはアウェーですが、ホームグラウンドはあるのですか。

もしあるのなら、そちらにいって、このブログを伝えてください。


<< 質問へのお答え      アンチ諸君 >>