2009年 12月 09日

杉様の場合

杉様がヘルニアの手術を3回もしたというエピソードは有名です。私も本に書きました。

その後のことは知らなかったのですが・・・

先日、遠方から来院された患者さんから聞きました。

この方は脊柱管狭窄症の手術をしたがよくならなかったのですが・・。

「杉良太郎さんが大阪のカイロでよくなったと聞いたので、いろいろネットで調べているうちに先生の所がよいとういことを聞いたもので・・」

ということでした。

そこで

「杉良太郎  大阪  カイロプラクティック」で検索しました。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=4933

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=5510

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=9171

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=9376



http://blogs.yahoo.co.jp/acechiroclinic/49642930.html#49647303

ついでにこんなベストアンサーもありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1431018574


痛みの本態は筋肉のspasm(痙攣)なんです。それがゆるめば治ります。

ヘルニアが原因で痛いわけではありません。

「ミリ単位で背骨のゆがみを治す」・・・これも独特な表現でよくわからないですね。いろいろなテクニックを使って緊張した筋肉を緩めればいいわけです。

筋痛症の治療はいろんな方法がありますが、「信じるものは救われる」です。

しかし構造破たんが原因だという説を信じると何回も何回も手術ということになりますね。

また医師も4回目の手術があるだろうというような予言を患者に与えることによってそうなったときの予防線を張るわけです。
[PR]

by junk_2004jp | 2009-12-09 18:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(13)
Commented by あおい at 2009-12-10 01:17 x
手術を拒みました。
しばらく入院して周りを見てたのですが、手術でちゃんと良くなった人見たことなかったからです。
ヘルニアが原因じゃないんじゃないかと思い始めていました。
医者に
「ヘルニアの手術をしたのに痺れや痛みがきちんと取れた人あんまり見たことないので手術は嫌です。どうして神経圧迫してるはずのヘルニアを取ったのに痺れや痛みが取れないんですか?ヘルニアが原因じゃないということではないですか?」
と訊いたら
「それは手遅れで神経がもう損傷してしまっているからだ!だから早く圧迫を取り除いてこれ以上の損傷をさけなければいけないのだ!ほおっておけば尿が出なくなり排便も出来なくなり、一生導尿生活になるかもしれなくてもいいなら手術をしなくてもいいけどね」
と言われました。
私はその時、妊娠していたのに赤ちゃんを犠牲にしてまで手術をしないと取り返しが付かなくなると言われたのです。
ヒドイ話ですよね。
Commented by あおい at 2009-12-10 01:18 x
続きです。

そんな時に寝たきりになりながら加茂先生のサイトにたどり着きました。
激痛で救急車で何度も運ばれた私ですがヘルニアのせいではないというのがわかっただけで、痛みも痺れもだいぶ引いていき、今では普通に歩いています。
ありがとうございました!^^
Commented by ゆうき at 2009-12-10 09:58 x
あおいさん こんにちはっ!

大変な思いをしましたね。

加茂先生に会えて、本当によかったですね。

なんで、困っているときに、加茂先生に出会えるんでしょうね。

不思議ですねぇ。
Commented by sansetu at 2009-12-10 10:38
>赤ちゃんを犠牲にしてまで手術をしないと取り返しが付かなくなると言われたのです。

このようなケースに、これまで、思い至りませんでした。
これは本当にひどすぎますね。というよりも恐ろしい話です。
通常のケースでは患者さんご本人のリスクと損失、という話なのですが、赤ちゃんを犠牲にさせてまで手術しようという医師の認識は、どうなっているのでしょうか。
単にヘルニア原因説が正しいと思い込んでいるだけで、このようなことを妊婦に言えるものなのでしょうか。
考えてみればこのようなケース、決して少なくないのではないでしょうか。
これまでこういうケースもあることに思いが至らなかった自分の想像力の無さがとても情けないです。
統計がないので分かりませんが、実態はMPSであるのに、手術をするために犠牲にさせられた赤ちゃんは一体これまでにどれくらいると考えられるのでしょうか。あるいはいないのでしょうか。
またこの問題はMPS研究会としても、声を大きくして国民に警告すべきところではないでしょうか。
生理学的にあり得ない仮説を根拠とした手術の実施により、尊い人命が奪われるようなことは、絶対にあってはなりません。
Commented by TK(タク) at 2009-12-10 22:22 x
杉様の手術ニュース懐かしいですね。

病院の出口を出た所のでの囲みインタビュー、私もワイドショーで見ました。

>先生に脊髄に関してはもう(痛みが)出ないと言われた

また、痛くなっちゃたんですか。かわいそう。でも、先生がそう言ったんだから、今度は脊髄じゃ無いんじゃないの?
主治医は他の部分の手術も必要と言ってるから、その他の部分って脊髄じゃなくて、どこ、手術が必要なんでしょう??
ttp://www.oricon.co.jp/news/confidence/44103/
Commented by syaruruk at 2009-12-12 08:45
工事現場の監督さんも、巨大ヘルニアといわれて、手術を勧められたことがあるそうです。でも、周囲の手術後の人の経過があまりにも悪かったので、手術をしないほうに踏ん張ったそうです。家族や、会社からは、手術をしたほうが早く良くなるのではないかと、大分勧められ苦しんだみたいです。でも、今では普通に仕事ができて、手術しなくて良かったと。。


ところで先生、14日に小松に討ち入り・・・じゃなくて、打ってもらい入りする予定です。
よろしくおねがいします。m(__)m
Commented by junk_2004jp at 2009-12-12 20:44
syarurukさん、こんにちは。お待ちしています。

ヘルニアで痛みがおきることなんてあり得ません。
Commented by ひつまぶし at 2009-12-12 21:16 x
シャルルさん★ 現場監督さん、手術しなくてよかったです。
手術しなかったからこそ、今こうしてシャルルさんのおうちが着々と建つわけで。
しかし、巨大ヘルニアって・・・・その名称だけで既にコワイ。(゚Д゚)
討ち入り、道中お気をつけてね★
Commented by アクビ at 2009-12-12 22:04 x
シャルルさん、よかったですね!
年末年始の各種イベントの前にいったん体調リセットしておくのはいいですね。
お引越しも大変でしょうし。

いざというとき、加茂先生を頼れる私達は幸せです。
実は今、とても気がかりな腰痛患者さんがいらっしゃいます。
たまたま見つけたある腰痛患者さんのブログなのですが、開業医の整形外科にさじを投げられて、大きい病院の「名医」に紹介されて手術を勧められているのです。
「90%成功する」と言われたそうです。
そこで私、ほんとにヘルニアが神経圧迫して痛いのが事実なら何故100%って言えないのでしょうね?不思議だと思いませんか?手術はリスクが大きすぎます・・・、などなど、慎重に検討するようコメント差し上げたのですが、どういう結論になるのか心配です。

実は、夏ごろに2日間先生の治療を受けた方なのです。
ブログにもそのことが詳細に書かれていました。
(先生の本を読まれて受診したとのこと)
残念ながら2日ではあまり改善しなかったようで・・・。
激痛を一気に治したい気持ちは良くわかるのですけれどね。
なんとかしてあげたいです。
Commented by シャルル at 2009-12-12 22:05 x
14日は、早起きして、新幹線に飛び乗るんだ^^今度は間違えないぞ!

ひつまぶしさま、巨大ヘルニアって言われたら、びびりますね。ふつう。
呪いがかからなくて良かったです。
Commented by シャルル at 2009-12-12 22:08 x
アクビさま、ハイ、リセットしたいので^^

MPSを知っていてなお、手術を選択するのは本人も苦しいでしょうね。
迷いはあるし、プラセボは得られにくいし。でも、最終的には本人が判断するしか無いのですものね。
好みの問題だそうですから。
Commented by TK(タク) at 2009-12-13 01:24 x
現場監督さん。
その良くなった時に、もう一度MRI撮って、私はその方のを見てみたい。
Commented by syaruruk at 2009-12-14 20:03
先生じゅうたん爆撃注射、ありがとうございましたm(__)m
先ほど無事に帰り着きました^^
えー。。。スタッフの方に、何時間掛かるか聞かれて、3期間と答えましたが、4時間でした。^^;
あの。。。適当な答えをしてごめんなさいm(__)m

帰りの雷鳥で、ストレッチしてました^^。ずいぶん、よく動けています。


<< 第5回 MPS研究会を開催します      手遅れか? >>