2004年 12月 02日

脊柱管狭窄症

私が医師になったころは脊柱管狭窄症はマイナーな病名でした。あまり使われなかったと記憶しています。ところが今ではしばしば使われる病名になりました。病名の仕掛け人がいるのでしょうか?

脊柱管狭窄症の適応症の認可のおりた薬剤が開発されると、製薬会社は力を入れてピーアールに努めるわけです。

ところがその脊柱管狭窄症の診断基準がはっきりしていないのです。狭窄症というぐらいですから、画像所見は大いに参考になることと思われるでしょうが、実はそうではありません。

脊柱管狭窄症の画像:画像所見は症状とほとんど関連性がない

脊柱管狭窄症の回復は面像診断上の変化と相関するか?

構造との因果関係が不明なわけですからこの病名は不適切だと思いませんか。しばらく歩くと下腿に痛みが生じて腰をかがめなくてはいけない、一服するとまた歩けるようになるという状態で血行障害がなければ脊柱管狭窄症というレッテルが貼られることになります。それならば、「間歇跛行症候群」ぐらいの病名が適当かと思います。

神経性間歇跛行といわれていますが、私にはとうてい「神経症状」とは思えません。習慣化した筋痛症だと思っています。だから保存的治療でもよくなる人がいるのです。脊柱管狭窄症というレッテルを貼られなければもっと改善するのではないかとさえ感じています。

坐骨神経痛や脊柱管狭窄症に対する外科的治療は保存療法より有効か?

手術を受けた患者のうち約20%は全く改善がみられなかった。Atlas医師らによると、「ほとんどの患者は短期間で有意な改善が得られますが、改善しない患者もいます。さらに患者の中には初期に症状が軽快しても、時間が経つと再発する場合もあることを、手術を考えている患者に知らせなければなりません」。著明な改善は非常に早い時期にみられる。「手術の効果が最も大きかったのは3ヵ月後の時点でした」と彼らは述べている。

症状との因果関係が明確でないのだから当然のことですね。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-12-02 12:01 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 痛みの定義      坐骨神経痛や脊柱管狭窄症に対す... >>