心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 01日

正中神経麻痺?

b0052170_19511026.jpg
28日から30日まで、3日間右手の治療をしていただいた**県のAです。お世話になりまして、ありがとうございました。

昨年11月22日にメールで先生に相談したところ、翌日には早速お返事をいただき感激しました。遠い他県まで治療に行くことに、戸惑いがあったのは確かですが、今は、思い切って行って、本当に良かったと思っております。

治療の途中で、つい先ほどまで握りずらかった右手が、すっと握れた瞬間は、とても不思議な気分でした。こんなことってあるのかと…

空いている時間に街中をぶらぶらと歩いて買い物をしました。

今までは、手を下げて歩いていると、必ず重く痛くなってきたのですが、それを感じずに歩くことができました。おかげで買い物も楽しかったです。

帰ってきて丸一日経ちましたが、今日は、掃除も洗濯も、楽しくこなせました。

痛みがすべて消えたわけではありませんが、一度の治療で変化が見られて、明るい希望が持てたこと…生活にもハリがでた感じです。

明日からまた仕事や家事に忙しい日々となります。

石川県がもう少し近ければどんなにいいだろうと思いますが、日にちを調整して、また治療に伺いたいと思います。その節はよろしくお願い致します。

ありがとうございました。取り急ぎお礼まで。


Aさんは2年前、朝起きたら、右の拇指、示指、中指にしびれがありました。

手根管症候群として治療を受けましたが、改善せず、大学病院で精査をうけました。

「正中神経麻痺」と診断され、手根管症候群ではなく、前骨間神経の障害と思われるとのことでしたが、正中神経上にあきらかな圧迫はないとのことです。頸椎には少し異常があると言われました。

現在、投薬中心の治療を受けていますが、思わしくありませんでした。

鍼治療も合わせて受けていますが、ある程度効果があるとのことです。鍼の先生から私を紹介され受診されました。

手の色はトリガーポイントブロックをすると良くなっていくのが分かりました。

正中神経の麻痺があるのかないのかはっきりしませんが、「はっきりと言えることはMPS」であるということです。それは圧痛点があることで分かります。

3日間の治療で改善傾向がみられましたので、きっとよくなると思います。

このように、ちょっと視点を変えて治療してみることは大事なことと思います。

なお、このブログに書くにあたってAさんの了解を得てあります。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-02-01 20:06 | 慢性痛 | Comments(0)


<< プロぺシア      2月7日(日)AM9時からシン... >>