2010年 02月 13日

わかさ4月号別冊付録

b0052170_19575.jpg


「難治の脊柱管狭窄症の痛みしびれが劇的に退き長く歩けた・救われた!新発見の治し方」

わかさ4月号の別冊付録に私の記事が出ています。毎度のことで変わり映えはありませんが、患者さんの体験談付きです。

そもそも「痛み・しびれ」と「麻痺」を脊柱管狭窄症という一つのカテゴリにいれて論ずるのはおかしなことです。

全く異なった病態なのに同じ病名が使われているのですから!

脊柱管狭窄症の治療について、手術からAKA、プラセンタ注射、体操などいろいろ紹介されています。

馬尾型・・・麻痺・・・・「真の脊柱管狭窄症」・・・手術が必要・・・稀

根型といわれているもの・・・痛み・しびれ・・・「な~んちゃって脊柱管狭窄症」「実はMPS」

                         MPSはどんな治療にも反応する可能性あり

                         慢性痛


菊地先生もでていらっしゃいます。以下は引用しました。
保存療法が優先される。
主な保存療法は、牽引や電気治療、薬物療法(消炎鎮痛剤、血流改善剤、漢方薬、外用薬)、理学療法、コルセット、運動療法、日常生活の工夫。
保存的治療は、根本的な治療をするものではない。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-02-13 01:17 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
Commented by TK(タク) at 2010-02-13 22:57 x
盲腸ですね。
といわれて、痛くない盲腸と、痛くなる盲腸があるのだろうか?


脊柱管が狭くなってますね。=狭窄してますね。
といわれたが、症状を訴える人と、何とも無い人がいる。


内視鏡で癌が見つかった。
全く自覚症状がない。そー言うことなのか?
Commented by TK(タク) at 2010-02-13 23:09 x
日本ペインクリニック学会誌 2002年 9巻 3号 より

>以下引用
腰部脊柱管狭窄症におけるカルバマゼピン投与の治療効果

2-45  所記念病院麻酔科1,所記念病院整形外科2,東京大学医学部付属病院麻酔科

      原田雅樹,田上恵,阿久根透,金井洋,久保宏介,小川真,花岡一雄

 【目的l根性疼痛を主訴とする腰部脊柱管狭窄症において,消炎鎮痛薬投与,神経根ロックにて疼痛管理に難渋した症例、及び消炎鎮痛薬,神経根ブロック,椎間開窓除圧術にて疼痛管理に難渋した症例に対し,カルパマゼピン経口投与が有効であったので報告する.【症例1】79歳女性.神経根L5症状による左下肢痛.入院時VAS98/100.消炎鎮痛薬,L5神経根プロックにて疼痛管理不良.手術予定であったがカルバマゼピン(100mg)2T2×にて疼痛改善しVAS3/100となったため,手術は中止.副作用を認めず退院となった.
Commented by TK(タク) at 2010-02-13 23:10 x
【症例2】66歳男性.神経根L2症状による右下肢痛,しびれ.入院時VAS90/100.消炎鎮痛薬,L2神経根プロックにて疼痛管理不良.右L1,L2椎間間窓除圧術施行するも疼痛不変にてVAS90/100あった.これに対しカルパマゼピン(100mg)4T2×投与したところ疼痛改善し、VAS10/100となり副作用を認めず退院となった.【結果】腰部脊柱管狭窄症の下肢根性疼痛に対し消炎鎮痛薬,神経根ブロック、さらには手術療法が無効な症例においてもカルバマゼピンで著効を得られる症例があり,カルバマゼピンを初期から投与する事は有用であると考えられる.

>引用終了
Commented by TK(タク) at 2010-02-13 23:11 x
カルバマゼピン=商品名:テグレトール
てんかんの薬の中で、代表的なものよ言ってよいでしょう。
この、薬理は、ニューロンのNaイオンチャンネルの働きを抑え、ニューロン内にNa+イオンの流入しなくなるようにする。そうすれば、ニューロン内は-イオン状態を保ち、脱分極が抑えられるでしょう。

二つ症例で、論じるのは軽率かもしれませんが、興味深い論文です。

一番目は、手術は予定であったが、テグレトールで治った。狭窄がテグレトールで広がったわけでもなく…
二番目は、椎間開窓除圧術まで、行って治らなく、テグレトールで治った。

この論文から色々なことが想像できます。
花岡一雄先生は、ペインクリニックの有名な先生ですね。NHKのためしてガッテンに出演されてます
Commented by junk_2004jp at 2010-02-13 23:32
タクちゃん、情報ありがとうございます。

この簡単な問題を解くには、前提が間違っていることに気づくべきですね。
Commented by テニスの王子さま at 2010-02-18 18:42 x
どうしたらいいの?なにを飲めばいいの?ドクターショッピングのあとは,
治療ショッピング?情報が多いのは結構なことですけども、どれにしよう
かなでは、治療プログラムの完成を望みます。加茂先生頑張ってください。
Commented at 2010-02-18 19:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 「腰痛ガイドラインの策定を進め...      交通事故診療の難しさ >>