2004年 12月 05日

慢性疼痛(慢性痛)

慢性痛の陰に筋・筋膜痛・ トリガーポイント療法が奏効
慢性疼痛とはなにか
印象記  第32回日本慢性疼痛学会
慢性疼痛の病態と分類
慢性疼痛の心理社会的因子
慢性疼痛に対する包括的リハビリテーションプログラムー認知行動療法を中心にー
慢性疼痛とはなにか(その3)
慢性疼痛とはなにか(その4)
慢性疼痛とはなにか(その5)
慢性疼痛
第33回日本慢性疼痛学会ランチョンセミナー
慢性痛ー臨床医のための痛みのメカニズム 
日本における慢性慢性疼痛を保有する患者に関する大規模調査

************************************

慢性疼痛の診断

慢性疼痛の診断には米国精神医学会で1987年に発刊されたDSM-III-Rの「身体表現型疼痛障害」(表1),あるいは1994年のDSM-IVの「疼痛性障害」(表2)の診断基準が広く用いられている。

以上のような批判を踏まえて,疼痛性障害(DSM-IV,表2)では診断名から「心因性」,「身体表現型」などの形容詞を排除した。さらに持続時間から6ヵ月未満を急性,6ヵ月以上を慢性と特定した。また,「心因性」との断定を避けながらもCで心理ー精神的関与の必要性を規定している。しかし,依然として「重要な役割」の判断基準については暖味な点を残している。

6ヶ月以上続く痛みを慢性疼痛という。北米精神医学会の診断基準が広くもちいられている。

*************************************

慢性疼痛に関しての文献(私のサイトの)を上にあげましたが、ヘルニアのことや構造のことは全く語られていませんね。

急性疼痛と慢性疼痛をある時点を境にして明確に区別できるものではありません。痛みのメカニズムは基本的には同じなのです。

「痛み+損傷」「痛み+悪性腫瘍」「痛み+感染症」「痛み+無」

痛みと損傷、悪性腫瘍、感染症は分けて考えて別々に治療すべきことです。「痛み+無」の場合が多いのですが、この場合は痛みの治療だけをすればよいのです。

慢性疼痛学会に今のヘルニアなどの整形外科的な治療について見解を聞いてみたいものです。

急性疼痛の治療は比較的簡単なものです。問題は慢性疼痛の治療なのです。慢性疼痛にならない前に急性疼痛のうちに治療することは重要なのですが、医師の不要な検査や、根拠のない説明が火に油を注ぐように慢性化に拍車をかけているのではないでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-12-05 12:49 | 慢性痛 | Comments(0)


<< ある掲示板より      X線検査のガイドラインの実地試験結果 >>