心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 01日

手術予約寸前で!

b0052170_2154430.jpgAさんは普段よりプールに通うアラウンド80の元気なご婦人です。

昨年末、寒いときに歩いたせいか、お尻や左下肢に痛みが生じました(図)。

整骨院に通院しましたが、改善せず、病院を受診しました。

MRIで4・5間の脊柱管狭窄症と診断されました(大学病院)。

医師はジワジワ悪化するだろうと説明したとのことです。Aさんはそれは困ったと手術を考えました。

娘さんがインターネットで検索して当院を受診されました。

初診時の医療費は1割負担で680円でした。

2日後再診されたときは、痛みがかなり改善してニコニコ顔でした。当然手術はキャンセルです。

脊柱管狭窄症で痛みが生じるという理論は間違いだと思っています。

痛みの本態は筋痛症(筋肉のspasm)です。

手術をしても痛みが改善しない方はいっぱい診てきました。

納得できる理論的説明がなされていません。

たとえるなら、

「お腹が痛い」といって病院に行ったら、「胃へいっている神経が圧迫されている。このままでは胃が動かなくなるおそれがある。」

これと同じような、へんな説明だと思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-03-01 22:08 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by テニスの王子さま at 2010-03-02 22:00 x
普通の病院  脊柱間狭窄症ですね、重症です。先生、痛いです。では
これでも飲んどけ、貼っとけ、だめなら他の方法を、他の方法て何?
小松に在る普通でない病院。先生、痛いです。心配ないよ、TPBするね。あれ、痛み消えたんですけど?最近、Dr中松とDr加茂がダブって見えるんですけど(失礼)そういえば2人とも、発想、発明の天才ですね。
Commented by junk_2004jp at 2010-03-03 01:20
「同じ」ではなく「同じようなもの」という意味。

どちらも間違っている。


<< プロぺシア28日目      きょうの健康「早めが肝心!子ど... >>