2010年 03月 06日

Yahoo 知恵袋より

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1037546700&fr=chie_alert_editans

Yahoo知恵袋に私のHPについて議論している整形外科医がいらっしゃいましたので、こちらで反論します。

昨日の画像診断に関する論文でもお分かりのように、流れが変わる潮目なのです。科学的に何が真実なのか見極めていく必要があります。

神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるという生理学上の事実はありません。

「痛み・しびれ」と「麻痺」は逆の現象です。

ヘルニアがなくても同じような痛み・しびれのことがあります。

痛みの本態は筋肉の攣りです。

ヘルニアはその結果の可能性はありますが原因ではありません。

手術をしても治らないことがしばしばあります。

手術をして治ることがあるのは、筋肉の攣りが取れたということで、心理的な要素や全身麻酔の効果など複雑のものでしょう。

杉良太郎さんは3回ヘルニアの手術をして4回目も考えたが止めてカイロで治ったと新聞で書いていらっしゃいます。

手術をしてもしなくても経過は変わりがないという論文はあります。

とんでもありません。正常な神経を圧迫したら、ひどい痛み・シビレが起こりますよ。局所麻酔で手術していて、うっかり正常な神経を押さえたり避けたりすることがあるのですが、そうすると患者さんはかなりの痛みを訴えます。


このようなことはありません。うっかり神経に針を刺したりすると、ピクッと痛みが走りますが、正常な神経を圧迫しても痛みは生じません。

神経線維に針を刺せば当然一過性の脱分極が生じます。圧迫を加えても脱分極は生じません。

手術を経験したことがある人ならこのことは分かると思います。骨折などの手術で神経や血管を勾やガーゼで避けることがありますが痛みは生じません。

足裏やお尻、あるいは背中の神経は常に圧迫を受けているわけです。

生理学者に聞いてみなさい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237574952

しかし症状がひどいために麻痺が起こっていたり、社会生活ができないほどの患者さんを手術した経験から申し上げますが・・・・


神経性麻痺は手術適応です。

しかし、それが本当に神経性の麻痺なのか?

神経性の麻痺は馬尾症候群です。48時間以内の手術が必要です。

馬尾症候群は

急激な筋肉の痙攣(強い痛み)→大量のヘルニア塊→神経を絞扼→麻痺

このような症例は極めて稀です。

一般にヘルニアのせいで麻痺がおきていると思われているのは筋肉の痛みのせいでよく動かせないのです。拇指の伸筋の筋痛のために背屈力が低下していることがあります。

整形外科医の特徴として「痛み・しびれ」と「神経性麻痺」を全く生理学を気にしないで述べることです。味噌と糞の区別がつかない。

「痛み・しびれ」と「神経性麻痺」は生理学的には逆の現象です。

ヘルニアによって下肢が麻痺した人をみたことがありますか?坐骨神経麻痺で身体障害になった人をみたり聞いたりしたことがありますか。

激しい痛みの人は筋肉が激しく攣っているのです。筋肉の攣りが治まれば治ります。

b0052170_22222341.jpg


トリックにひっかかるな!

ヘルニア・脊柱管狭窄症ではBで生じた痛みの信号(神経線維の途中で電気信号が発するのを異所性発火といいます。正常な神経ではおこりません)が脳に向かいます。

脳は到着した電気信号を認識するのですが、それがBから来たとは認識できず、下腿Aやお尻から来たと誤認するということなんです。

こんなことあなたは信じますか?

この説に従えば、圧痛点があってはいけないのです。

たとえばAを押さえた時に「痛い!」と感じたとしたら

Aを押さえた時にBから電気信号が生じて脳Cに向かうということになるのです。トリックを暴くとこういうことになります。

Aを押さえた時になぜBから電気信号が生じるのか?

こういうことをしっかりと説明しなければならないのです。

「手術をして治った、だからヘルニアが原因だった。」こんなことをいっても無駄なのです。

ヘルニア説の先生も「原因追究にこだわらず、痛みをはやく止めることが大切だ。それが慢性痛を防ぐことになる。」と少しずつ方法転換にあるように見えます。

ヘルニアが痛み・しびれの原因だとするには生理学的にも臨床経過からも、また疫学的観点からも到底説明のつかない代物です。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-03-06 00:48 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(7)
Commented by テニプリ at 2010-03-06 21:32 x
発想と発見 いつの時代でも発見には感動と賞賛が、発想には憤慨と嫉妬が、1912年、ドイツの気象学者ウェゲナーは、南米大陸の東海岸線とアフリカ大陸の西海岸線の形が大変似ている、そこから発想し、大陸移動説を発表するも非常識者扱いされる。今では反論する人などいない。骨から筋肉へとの発想、棘の道は真実の証。
Commented by トゥカーノ at 2010-03-06 23:52 x
真実の証。強烈な嫉妬の世界で、真実を叫びきることはどれほど勇気の要ることか、労力、忍耐・・私には想像も及びません。苦しんでいる人を救うという単純で真っ当な慈悲の心と意志を持つ医療者なら、とっくに改めるべき認識だろうに。素人な私でも分かることだよ。
Commented by テニプリ at 2010-03-07 11:52 x
人生意気に感ず。トゥカーノさん、私の思いを代弁して下さり有難う御座います。何の手助けも出来ない自分の非力さに歯痒い思いです。唯一、自分が元気に過ごすことが先生への恩返しと、頑張っています。先生に会いたい、でも・・・ここが先生との会話の場と思っています。学生時代に山本周五郎の世界に埋没しました。居ました、現代のあかひげ先生が。トゥカーノさん、またお会いしたいです。人間って素敵ですね。
Commented by ちょっとした興味で at 2010-03-08 07:13 x
質問させていただいて恐縮ですが、先生はバイタルリアクトセラピーという治療法はご存知でしょうか?
ttp://vitalreact-world.com/ws.html
整骨院の同業者に紹介されたのですが、個人的には振動による筋肉の弛緩でMPSの改善に繋がるように感じました。

とはいえ「どんな症状でも」「簡単に」治せるというのは個人的には眉唾だったのと
機材がわざわざ大仰なような気がして断ってしまいましたが(苦笑)
(基本的に「なんでも」「簡単に」とか信じない人間なので)

それに恥ずかしながら実費では難しいかな・・・と思ったんで。
柔整師は健保の不正請求で問題になっているのに
これは「さすがに違うでしょ」と・・・でも、聞いてみると保険適応だと主張されてました、う~ん
Commented by ゆうき at 2010-03-08 12:47 x
みそ と くそ の 区別 つかない!

かも 知れませんねぇ~。^^。

どっぷり トリックに つかっているかも?

知れませんねぇ~。\(^o^)/
Commented by トゥカーノ at 2010-03-08 20:18 x
(*^_^*)
Commented by junk_2004jp at 2010-03-08 21:32
バイタルリアクトセラピーは知りません。いろいろありますね。


<< トリックは思いこみ      腰痛患者への決まりきった画像検... >>