心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 26日

Kさんからのメール

昨年7月に先生の所で診て頂いた**のKです。その折は懇親的なご治療ありがとうございました。

あれから**に帰り先生のお考えと同じトリガーポイント鍼灸と抗うつ剤で治療を続けた結果完治致しました。

今は仕事も元気に出来働ける喜びを実感しておりますそこの鍼灸院の先生の所にも加茂先生の本が置いてあり加茂先生と同じお考えお持ちでした。

私も先生のおっしゃる治療法にたどり着かず今の整形外科的な保存療法を続けていたならば路頭に迷っていた事でしょう。加茂先生には感謝しきれません。

そして今の整形外科的なヘルニアや脊柱管狭窄などで痛みや痺れはでない!と警鐘を鳴らし続けておられる先生のご努力には頭が下がるいっぽうです。

また先生の患者さんに対する懇親的な治療も頭が下がりました。どんなに忙しくとも治療して頂いた際、先生はしっかりと私の目を見て説明してくださいました。

そして必ず治りますよ!と言って頂いた時はとても安心でき心強かったです。ほんとうにありがとうございました。もし痛くなってもなにも怖くありません、ヘルニアではないのですから。筋痛症として治療していくつもりです。

バカげた整形外科的な治療では治らないのは身を持って体験したのでMRIなど無意味なことを何故今も続いているのが不思議です。

先生のような医者が増えたらどれだけ救われる人がいるかと思うと残念ですそれではこのへんで失礼させて頂きます。ありがとうございました。


椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄で痛みやしびれが生じることはありません。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-04-26 00:26 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by 小林 at 2010-04-27 00:56 x
加茂先生ご無沙汰しております。私は二年程前に母の事で相談させて頂いたものです。母は左足が痺れるだけだったのに、脊柱管狭搾症と言われ手術をしないと将来寝たきりになると脅され、手術をしたらその4ヶ月後に痛みで歩行困難に。悲しみのどん底にいる私を救ってくれたのは、加茂先生の「きっと良くなりますよ」のお言葉でした。歩けない母を石川県までは連れていけないので、加茂先生のようなお考えで治療してくれる先生をさがし、その先生の治療のおかげでやっと母は元気になり、なんとハワイ旅行にも行くことができました!痛みに苦しんでいる皆様、どうかあきらめないでください。加茂先生、本当にありがとうございました。
Commented by junk_2004jp at 2010-04-27 12:23
こんにちは。

そういうことがありましたか・・。よくなってよかったですね。

しびれというのはMPSの所見なんです。早期なら自分で簡単に治せます。

医師はこのことについて全く理解していないのが現状です。

このことを多くの人に知っていただくために、本欄に転載しますね。


<< 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が...      レンホーさん、医療仕分け! >>