2010年 04月 29日

最近のTPが効いた症例

Aさん(男性)は腰痛で来院されたのですが、ついでにということで、「腹部の手術をして依頼、半年ぐらい前より、ペニスの痛みがある」

b0052170_13474395.jpg


腹部の手術痕によるTP症状だと思い、腹部の圧痛点に注射しました。数回の治療でよくなりました。

この方は腰痛の治療もしていましたので、腰痛の治療にまとめられて、こちらの方の治療は保険診療にはなにも反映されないのです。

保険診療報酬の矛盾ですね。持っている知識や技術が診療報酬に反映されないのは残念なことです。

_______________

Bさんは数カ月前、旅行から帰ってより、足の拇指裏が痛くて歩行困難になりました。そのうち、痛みはお尻のほうまでひろがりました。

b0052170_13545464.jpg


長拇指屈筋のMPSでした。これが責任TPであとはサテライトTPでしょうか。1回の治療ですぐによくなりました。

Bさんの足はいわゆる「モルトン足」(第2指が長く、足裏のタコの位置は第2指の付け根にありました)でした。

AさんもBさんもいろいろ検査治療をされてきたのですが、医師がTP症状を認識があると、とても安い、簡単な治療で改善するのです。

厚労省は医学専門学校(医学部)で筋筋膜トリガーポイント症状を教えることにすれば、医療費の削減に大いに役立つと思う。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-04-29 14:01 | MPS | Comments(7)
Commented by TK(タク) at 2010-04-29 22:27 x
先月出版された、

「誰でもできるトリガ-ポイントの探し方・治し方 ― 筋の基礎からセルフトリ-トメントまで」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4767809436.html

にモルトン趾とか出てましたね。

セントラルTPも。
Commented by junk_2004jp at 2010-04-29 22:47
モルトン足

http://junk2004.exblog.jp/6371757/
Commented by ゆうき at 2010-05-03 17:56 x
>誰にでもできる・・・
この本も、この間の、イリホリと
一緒に買ったよ。
みんな、思うこと 同じねんね。^^。
Commented by junk_2004jp at 2010-05-03 18:13
それは「The Trigger Point Therapy Workbook」の訳本です。

右の欄・ライフログの上から5つ目
Commented by TK(タク) at 2010-05-03 21:26 x
私は、立ち読みで済ませてしまいました。(^^ゞ

TPを全く知らない、整○○○医には、入門書としていいかも。
でも、TPIって、普通に整○○○でやってる。保険診療。(私、問題発言でしょか?)
Commented by junk_2004jp at 2010-05-03 22:01
数年前、この本の訳本を出そうとおもって、いくつかの出版社にあたってみましたが、断られました。もうそのときは、この方がやっていたのですね。
Commented by TK(タク) at 2010-05-03 23:28 x
そうでしたか。
でも、結果として、日本語版が出版され、日本の人が目にする機会ができて、良かったと思います。

私が先生の所に入院している時、何人かの患者さんは、青い英語版、通販で購入されてました。
英語onlyなのに、皆さん凄いと思いました。

私も、ちら見させて頂き、YouTubeとかに出てる、テニスボールマッサージのネタは、ここからかと、知りました。

ただ、英語版、意外とお手軽なお値段なのですよね。

今回、日本語版を立ち読みで終わらせてしまったのは、いいお値段でしたので。orz...


<< ヘルニア・脊柱管狭窄症手術で痛...      メールでのお尋ね >>