心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 12日

昨夜の「みんなの家庭の医学」

みんなの家庭の医学

当院の入院患者さんの多くも見ていたそうだが、評判はよくなかった。

15%は原因の分かってる腰痛・・・・その中に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症がありMRIでわかる。

85%は原因が特定できない腰痛で、老化、疲労、運動不足、喫煙、ストレス、肥満、出産などいろいろな原因がある。

椎間板ヘルニアの手術をした会社員は術後も痛みがとれなかった。それは脳が痛みを記憶してしまっていたからだ。

「慢性痛を防ぐには、痛みを早く止めることだ」・・・その通り!

そうならば、ヘルニアが原因だとわかったならば脳が痛みを記憶する前に手術をすすめないのか!

「神経が押さえられると興奮する」といっていた。一流のペインクリニシャンならばこんなことを言ってはいけない。

神経が圧迫されるとマヒになることがあるかもしれないが興奮することはない。

世界のナベアツは「MRIによりヘルニアによる腰痛」と無責任なことを言われていたが科学を無視した内容だ。

マスコミはその影響を考えてもっとましな番組をつくれ。
[PR]

by junk_2004jp | 2010-05-12 18:13 | 慢性痛 | Comments(10)
Commented by sion at 2010-05-12 19:02 x
ですよね。痛みの現場を完全無視ですものね。
痛みの原因を否定できないから、こじつける理屈が苦しいこと…。
ま、こんなもんなんでしょうね。

そそ!!先生!
私おくすりをぜーーんぶやめちゃいましたヽ(*^^*)ノ
でも必要なお薬でした。
おかげさまですm(_ _)m。
Commented by junk_2004jp at 2010-05-12 20:15
ほんとにね~。もう少しましかと思ったが。

何年も医者しておれば、自然とわかってくることなんだ。

腰痛が分からないということは50肩も緊張型頭痛も膝痛も分からないということなんだ。

Commented by イタイイタイ at 2010-05-12 23:37 x
はじめまして。すがる思いで検索したらこちらにたどり着きました。痛くて痛くてたまりません。痺れも酷く‥でも家族に椎間板ヘルニアの痛みを理解してもらえず。限界なんです。ブロックも効き目なしです。解決策教えて頂けませんか。子供も三人いて生活が困難です。
Commented by boribori at 2010-05-13 08:16 x
私も見ました。ひどい内容にツイッター上で突っ込みを入れながらみていました。アナウンサーになった時から腰痛がある久保ジュンに出産と育児が原因だと診断したり、40代のころから腰痛があるうっかりハチベエに加齢が原因と診断したりしてましたね。ナベアツのMRIだって、年齢相応の正常な画像でした。患部に触らず画像所見とアンケートだけで診断するから、あんな的外れな診断になるんだろうな。そもそも「新型腰痛」なんて誰が考えてつけた病名なのでしょう。学会誌などで見たことがないのでテレビ局が視聴率をとるため勝手に作った病名じゃないかと推測します。「新型インフルエンザ」のように今までなかった新し腰痛が流行し始めているような印象を与えてしまいます。ひどすぎます。
Commented by junk_2004jp at 2010-05-13 08:33
イタイイタイさん

その痛みは椎間板ヘルニアが原因ではありません。誤診だと思います。筋痛症でしょう。

私のHPで勉強してください。

http://www.bigcosmic.com/board/s/board.cgi?id=youtuu

こちらの掲示板で相談するともっとよいアドバイスが受けられます。
Commented by junk_2004jp at 2010-05-13 08:41
boriboriさん

医師は何も知らないほうが罪がありませんね。私も何も知らないことはたーーくさんあります。

知っている(と思っている)内容が違っていると患者は迷惑です。

昔は、情報が医師の側にかたよっていましたので、患者が医師のいうことが正しいのかどうか判断できず、医師を信じることがほとんどでした。

現在はインターネットのおかげで、情報が広く伝わるようになりました。

こわいですね。電波で無知をさらすなんて。

しかし、あれをみて、MRIの検査を希望する人が増えるでしょう。

ヘルニアがあれば、脳が記憶する前に手術をしようと思う人がいるでしょうね。
Commented by ゆうき at 2010-05-13 09:30 x
私は 最近 テレビを ほとんど 見なくなりました。

文字の方が すごい力を 持っていると 感じたからです。

なので、この番組も見ていません。

こんなに話題になっているなら、

見ればよかったな。^^。

Commented by boribori at 2010-05-13 11:13 x
加茂先生
 同感です。現在は、学会に参加したり、論文を読んだりするよりインターネットを見ていたほうがずっと勉強になる時代になりました。
 学会や論文は「手術をしました。うまく治りました。」みたいな内容ばかりで、ひとつも参考になりません。(何も考えずに鵜呑みにするなら役に立つのでしょうが・・・)
 インターネットには、ニセの情報もたくさんあふれていますので、それを見抜くためには、自分でよく考えなければいけません。自分は、「より矛盾がなく、よりシンプルな理論」が真実に近いと考えます。
 加茂先生のMPSの理論はまさに「矛盾がなくシンプル」です。ヘルニアによる疼痛モデルは「シンプルだが矛盾だらけ」です。
Commented by TK(タク) at 2010-05-14 00:17 x
boriboriさんが久しぶりに登場されて、うれしく思います。

センセのブログでお騒がせしてるTK(タク)と申します。

うちの会社フィリピンの同僚と話したのですが、フィリピンの医者は、習った事をただするだけ。R&Dはしない。
大学も、外国のR&Dの成果を利用するだけ。あくまでも、彼、同僚個人の意見ですが。

日本の臨床医も、R&Dやってる余裕ないと思います。学会とか偉い大学の先生、新しい成果を利用するような。
発表される、先生方もそれなりのoutcomeのdataをお持ちなのでしょう。

そー言った、情報のリテラシーを持つ必要があるのは、当然でしょう。メディアリテラシーも当然。インターネットもリテラシー。

最近、ここでは、脊柱管狭窄症の手術しても治らない例が取り上げられてます。
学会では、脊柱管狭窄症の手術よくなった例になるのでしょうね。勿論、ダメな例もきちんと発表されると思いますが。

腰痛会でわりと、知られてるのは「南会津スタディー」じゃないでしょうか?手術は無いですが、脊柱管狭窄症の診断。このスタディーの特徴は、割りとn数が多い。
Commented by TK(タク) at 2010-05-14 00:22 x
「神経が押さえられると興奮する」ですが、

最近のトピックスのTNF-αはどーなっちゃたんでしょうかね。

ヘルニアの場合です。脊柱管狭窄症には当てはまらない。


<< 遠方からの患者さん      ヘルニア・脊柱管狭窄症手術で痛... >>