心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 19日

私のHP

本日いただいたメールより

先生に痛みの症状を話しても、部位が伝わらずイライラされる始末でした。悲しい気分で、インターネットでこちらのことを存じました。・・・

ただ加茂先生のホームページを拝見して、目から鱗で、それどころか涙さえ出てきました。

痛みについて知ることが出来るのかとうれしくなり失礼かと感じましたが、メール致しました。


三年ほど前に腰痛でご相談させていただいた、Xと申します。

パソコンでお送りした画像までも、ご診断いただき、大丈夫とのお言葉を糧にして復職する事ができました。その節は大変ありがとうございました。・・・


知人のカイロプラクティックドクターから、先生のお話を伺いましてHPを拝見させて頂きました。

今までの整形外科の考え方や治療の方針も、新しく画期的かつ根本的治療を目指している意見にとても賛同致しました。


毎日、かなりの数のEメールや電話、手紙でのお問い合わせを受けています。

私のHPは痛みのメカニズムについて説明したものです。

痛みと構造は分けて考えること。

急性痛は比較的簡単に治療できるが、慢性化すると手ごわくなる。

ほとんどの痛みは筋性(筋筋膜性)疼痛である。筋肉の微小損傷→スパズムが最初に起こることだと思われる。

心理・社会的な配慮はかかせない。

神経が圧迫を受けて痛みやしびれが生じるという考えは間違っている。

老化した椎間板や軟骨が痛みの原因になっているという考えは間違っている。


本日、掲示板で以下のような内容の批判を受けました。人によっていろいろな読み取り方があるものだと思います。

CRPSや視床痛、脳血管障害後に生じた痛み、幻肢痛、線維筋痛症などは痛みをコントロールすることが極めて難しいです。

中~高度の慢性疼痛に対して、麻薬系のパッチが保険適応となりました。それにしても完全に除痛できるとはかぎりません。

では軽度の慢性痛に対してはどのように対応していけばよいのか。これはとても個人差がありますから、あの人はこうしている、この人はこうしている、ということで、結論が出せる問題ではないでしょう。

私たちのできることは限られています。まずは慢性痛をできるだけ防ぐこと、慢性痛には英知をつくして治療することです。

他人を批判することは簡単ですが、ではどうすればいいのか・・・が問題です。

私はTPBにこだわっているわけではありません。その証拠にいろいろな治療家からリンクを依頼されています。鍼、マッサージ、指圧、認知行動療法などなど。

貴方のHP読んでたら他の治療法を否定してあたかも自分の治療法が正しいかのごとく書いてますけど麻酔もプラセボと変わりません。

しかも、貴方は麻酔が疼痛に対して何の役にも立たないのを判っててあたかも根拠があるかのごとく処方してますよね?

判ってやってる以上患者だましてるわけですよ。貴方は今まで何をやっても治らない病気をした事ありますか?患者がどんな気持ちで生活してるか考えた事ありますか?

[PR]

by junk_2004jp | 2010-06-19 01:43 | 痛みの生理学 | Comments(8)
Commented by n84 at 2010-06-19 09:24 x
痛みは個人的体験だから、治療法も人それぞれでいいですよね。

ヒザや手首を痛めていた私自身の経験ですが、急性痛にはTPB、慢性痛には読書療法と認知行動療法がよく効きました。

構造論や神経圧迫論が間違いだと気づいただけで慢性痛の痛みが半分以上減っていたのには驚かされました。脳の認知の影響は大きいです。痛みの生理学の重要性を思い知らされました。
Commented by junk_2004jp at 2010-06-19 12:27
たぶん、何をしても治らない痛みでいらいらしていらっしゃるのだろうと思います。

今後、慢性痛がキーワードとなっていくでしょう。
Commented by 患者 at 2010-06-20 01:14 x
病気は医者が治すものではなくて、個人がいかに直すべき取り組をするかだと思います。自分の病気は自分がまず受け入れ、他人(医者)任せにせず、色々学習することが大切なような気がします。私は過去の経験から、医者はそれぞれ治療方針が違いそれによって、患者の受ける影響はかなり左右されてしまうことを身をもって経験しました。なんだ、そんな治療方法があったのか・・なんで別の医者は知らなかったのだろう・・それから、医者の話を良く効き、からなず自分で納得してから自分で治療方針を選んでいくようにしています。このような考え方がない人は必ず上記のようなことをいうのでしょう。患者が医者を選べばよいことだけなはずです。多分正解などないのだと思います。先生は沢山の患者さんに選ばれているはずです。それが全てのような気がします。
Commented by haribahba at 2010-06-20 07:10 x

「貴方のHP読んでたら他の治療法を否定してあたかも自分の治療法が正しいかのごとく書いてますけど麻酔もプラセボと変わりません。」

苛立たしさが痛いほど伝わって来ます。お辛いのでしょうね。
私は、こちらのHPで学ばせて頂き、目からウロコの鍼灸師です。
が、この度は加茂先生を擁護しようと立ち寄ったのでは有りません。
お慰みになるかどうか解りませんが、袖すりあうも他生の縁。釈迦に説法かも解りませんが、一言感想を述べさせてくださいね。

例えば、傷つき錆び付きを繰り返した筋肉の病巣を、筋中に生えたマッシュルームと想像してみて下さい。(神経そのものがズタズタに傷ついている場合は除きますよ。)
硬くなっているのをご自身で確認できますでしょう?皮膚側から触って、マッシュルームの笠・軸・根っこ。(丸かったり細長かったり、形は様々ですが・・・)
Commented by haribahba at 2010-06-20 07:12 x
②トリガーポイント注射療法にしろ、トリガーポイント鍼療法にしろ、異常を起こしている部分にジャストミートする技術があるかどうかで、その効果は全く違うということです。
少なくとも、笠・軸を的確に捉えて注射液を注入し、しこりと言うキノコを退治できるかどうかです。硬化した筋肉を潤わせ、柔軟さを取り戻せるかどうかです。それは潜在自然の治癒力を賦活する手段として。
我が家は鍼灸院ですので、ペインクリニックのお医者と連携することもありますが、患者方は、ドクターの技術の良し悪しを見抜きます。
それは、ご自身の辛さを通して、痛みの正体を良く学び、自ら対決する覚悟をお持ちだからとお見受けします。このような患者方は、施術者を育てこそすれ、潰すことは有りません。
貴方様が、どの立場にいらっしゃるのかは存じ上げませんが、どうぞ良いお出会いが有りますように。お大事に。
Commented by junk_2004jp at 2010-06-20 10:23
そのとおりです。

飲み薬、静脈注射、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどとマッサージ、鍼、TPBは異なります。

前者は腔内や神経根に薬剤が入ればだれがしても同じ効果が得られる。

後者は術者の経験、技量によってちがう。

私は自分のしている注射をTPBだとは思っていません。なにが最も近いかというとTPBでしょうが。

私の古いHPには圧痛点Bと書いてあります。

当然のことながら、急性痛と思われるものは、圧痛点にある程度の量の薬液を注入します。そして改善したことを確認します。トリガーポイントにしているわけではありません。たまたまTPのときもあるでしょうが、それを意識してはいません。

慢性のものはどちらかというと、鍼をやっているイメージです。

TPというより、トリガーゾーン、硬くなった地面をほぐすようなイメージです。

Commented at 2010-06-24 04:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2010-06-24 12:00
了解しました。ありがとうございます。


<< 私のHPが参考になった      MPS研究会、現在70人 >>