心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 27日

膝に溜まる水

膝の水(1)

膝の水(2)

質問のメールがありましたので、私の考えを述べます。

b0052170_19113776.jpg


整形外科医にとって、膝の水を抜くのはよくあることです。

リウマチやピロリン酸カルシウム結晶沈着による急性関節炎(仮性痛風)のときの水と普通の変形性膝関節症の水とは明らかに性状がちがいますね。

前者は炎症性の浸出液ですが、後者は足関節の外側にできる滑液包炎と同じ感じです。

一度くせになると、なかなか治らないものです。

膝蓋上包というところに溜まるのですが、炎症の浸出液というよりも、図のように、筋肉や膝蓋骨によって強くこすられて溜まるように思います。

b0052170_19442950.jpg


これは足関節の滑液包炎ですが、女性に多く、ハイヒールや正座の習慣と関係があるのでしょうか。変形性膝関節症の水はこれとよく似ています。痛みがないことが多いです。

いずれのものもMPSによる筋肉の緊張と関係があると思います。




[PR]

by junk_2004jp | 2010-06-27 19:11 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented by c-dunk at 2010-06-27 23:07
○○炎の、炎症という用語も自分にとっては、微妙な存在です。
Commented at 2010-06-27 23:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 筋小包体の損傷→拘縮→酸欠→痛み      慢性痛からの脱出 >>