心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 02日

痛みの治療は、痛みを知ることから始まる

「痛みを考える」・カイロ学会のキャンペーン

痛みに関しては、医師は熱心な理学療法士、カイロ、鍼灸、柔道整復師らに水をあけられるぞ。

ヘルニアの手術→治らない→癒着だと言われる、再手術→治らない→癒着しやすいタイプだといわれる→多くの病院を受診するも同じような説明→若い柔道整復師を受診→当院を紹介される

手術をしたがよくならない、いろいろ病院めぐりをしていてもよくならない方が、鍼灸師、カイロ、柔道整復師から当院を紹介されて受診される方がとても多い。

今日は金曜日だったせいもあり、外来で19の都道府県からの患者さんを診察した。

医師も勉強しているのだろうが、痛みに関しては間違った勉強をしてしまって、そこから脱出できないでいる。

つまり「痛みを知らず」診療を行っていると言わざるを得ない。

とどのつまりは、「腰痛の本当の原因はよくわかっていない。」「膝から下に痛みが放散するのは根性疼痛だ。」なんて話になってしまう。

腰というのは臓器の名前ではない。部分の呼称だ。

腰痛が分からないのなら尻痛も、膝痛も、肩痛も、頚痛も、腕痛も、足痛も分からないということだ。

分からないのなら、統計学にはしらず、生理学を学べばいい。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-02 22:01 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 筋肉に対する治療を真剣に考えるべきだ      腰痛を特別扱いにする理由はない >>