心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 04日

筋肉に対する治療を真剣に考えるべきだ

むちうちなんかは・・・

ぎっくり腰なんかは・・・

「放っておいても治る。」という意見もあるが、そうではないと思う。中には年余にわたって苦しむ人がいる。

以前にむち打ちをしてから、ずーっと調子が悪いという人は少なくない。

保障問題は解決していて、自分の保険(社保、国保)で受診しているのだ。

金沢からきた女性は、「医者や損保の人の理解の無さに心が折れた」といっていた。

ギックリ腰のあと、頻繁に腰痛になったり、中には広範囲に痛みを抱えている人もかなりいるものだ。

筋肉の微小損傷に対して、初期治療が重要なのではないか。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-04 02:19 | MPS | Comments(1)
Commented by かんぱん at 2010-07-04 15:33 x
リリカの開始時と中止時の気になる記述について
ちょうど来局されたMRさんにその辺りを聞いてみました。
http://chuopharm.dtiblog.com/blog-entry-485.html


<< 外傷性頚部症候群のケベックの治...      痛みの治療は、痛みを知ることか... >>