2010年 07月 23日

マイ・ドクターで紹介されました

b0052170_23275551.jpg


「心身症」の特集

巻末付録・心身症に本当に強い専門医・病院リスト120「全国版」に当院が選ばれました。

心身医学の第一人者・九州大学の久保千春先生の監修で選ばれたことは誇りに思います。

心身症は誤解されやすい言葉です。

パニック障害やうつや不安障害は心身症ではありません。

心身症とは、身体疾患で、環境などによってその症状が変化する疾患の総称です。

Functional Somatic Disease のことです。

機能的な身体疾患、コンピュータ用語でいえば、ソフトの不具合のことです。

ソフトの不具合がハードを変化させることがあるのです。

たとえば胃潰瘍、本態性高血圧、筋硬結、筋短縮、ゆがみ、軟骨や椎間板の変性。

多くの医師は痛みの原因と結果を間違えているのです。

ヘルニアや脊柱管狭窄、あるいは軟骨や半月板の変性が痛みをつくることはありません。

筋骨格系の心身症は慢性疼痛が代表格です。

心理・社会的要因が密にかかわっています。

「原因不明の痛みが長く続く」・・・・「ヘルニア、脊柱管、軟骨、半月板が原因だと分かっている」は間違いなのです。これらは痛みの原因とはなりません。医師がかってにそう思っているだけなのです。

b0052170_23485785.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2010-07-23 23:46 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 遅発性筋痛の発生機構      神経症状とはなにか?? >>