心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 07日

椎間板ヘルニアによる根性痛の圧迫説に疑問が出始めると、一転して炎症説が浮上してきた。

根性痛の根拠とする実験の信頼度は?①

ところが、脊柱管狭窄症では骨性の圧迫説だね。いいかげんだよ。

前屈みになると圧迫が解除されるので楽になるといっている。

あるいは、間欠性跛行といって、休めば楽になるわけだ。

ということは、神経線維は完全にダメージを受けてはいないで、回復の余地があるということだよね。

ということは、手術をして除圧すれば楽にならないとおかしい。言い訳なしだ。

一方、椎間板ヘルニアでは炎症説だ。知覚神経だけが炎症を受けるのかな。

どっちにしても異所性発火という理論が必要になる。

異所性発火によって生じた、電圧の変化は脳に向かって進むわけだが。

b0052170_0155656.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2010-08-07 17:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented at 2010-08-07 20:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 慢性痛はどのようにしてできるか①      ヘルニア手術後、身体障害者4級 >>