心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 01日

韓国から医師

韓国から私の本を読んだ医師が訪ねてこられました。

どのような本を参考にすればいいのかなどお話しました。

これから東京に行き本を仕入れて来られるそうです。

韓国では筋筋膜トリガーポイントはあまり知られていないとのことでした。


b0052170_231438.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2010-09-01 23:01 | Comments(2)
Commented by boribori at 2010-09-02 08:44 x
写真から推測すると、韓国の先生はかなり高齢の方のように見受けられます。この年齢でも新しいことを学ぼうと外国にまで行く探究心があることがすばらしいと思います。教科書や先輩の話を鵜呑みにして、痛みの本質を学ぼうとしない医師たちに爪の垢を煎じて飲ませたらどうでしょう。
Commented by junk_2004jp at 2010-09-02 12:36
本当にその通りです。80を過ぎてこのバイタリティーは見習いたいものです。



<< がん疼痛治療剤「トラマール・カ...      骨盤の左右差が筋痛症をまねく >>