心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 05日

頭部打撲による線維筋痛症

掲示板より

困っている症状 

・首の痛み、首の延長部分から始まる頭痛、右肩から腕、手指に掛けての痛み(ナイフで刺されたような痛み、ひどい時は歯磨きが出来ない。)

・左手足の痺れ。特に左足は、どくどく液体が流れている感覚になったり、刺すような痛みが出る。

・職場で、朝礼時メモを取る体制で痛みが強くなってくる。パソコンをし始めると、痛みが強くなってくる。職場復帰を試みては、痛みが悪化して休み、また復帰を試みるの繰り返し。

経過

・1年2か月前、頭部に鉄の扉が落下。病院に運ばれ、背骨部分と首が痛くなる。

・強い痛みがあり、頭痛がときどき起こるが、画像は問題ないと言われました。痛む状態で、約2週間後に職場に行くも、痛みが悪化してただ座っているだけでも耐えられない痛みが治まらなかった。

・昨年7月に接骨院にて電気治療。昨年8月から今年6月までマッサージ。(当初、鍼だったが体質が合わないと言われ。)一日置きごとに通い、耐えきれない痛みの時に駆け込むという状態。

・線維筋痛症の検査で、11箇所以上だが、9箇所だから違うと言われる。

・症状から胸郭出口症候群の疑いはあるが、精密機器がないから検査出来ないと言われる。

・今年6月には、右肩から腕、手指に掛けての痛みがひどくなり、6月15日から、痛みの酷いときは、「テルネリン」「ノイロトロピン」を服用。
 


5日間TPBなどで治療しました。

線維筋痛症と診断しました。

頚に不意の事故が原因です。


今症状は、首、肩にかけての痛みに波があります。

(全く痛みを感じないときは、完治したのかしらという程。痛い時は、なんで?気分も落ち込み。の繰り返しです。)

腰痛は、一度の注射で治ってしまいました。

また、処方していただいた「ランドセン」を服用していて、二度程、夜変な時間に目が覚めましたが一瞬で、後は、全く変な時間に目が覚めることがなくなりました。

また、左手足の痺れ、違和感、痛みが少し軽減されたような気がします。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-09-05 21:12 | 線維筋痛症 | Comments(0)


<< 慢性疼痛における薬剤選定と治療...      acute pain & ch... >>