2010年 09月 28日

椎間板ヘルニアで痛みやしびれは生じません

掲示板に投稿がありましたので転載します。

椎間板ヘルニアによって痛みやしびれが生じることはありません。

健常者でも多くの人にヘルニアが存在します。

生理学で神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じるという事実は証明されていません。

手術をしてもしなくても半年後の治療成績に変わりがないという報告があります。

http://junk2004.exblog.jp/11975069

痛みの本態は筋肉の攣り、spasmです。

ヘルニアは外力の結果か、筋肉の攣りの結果でしょう。

手術をしてもよくならない人はいっぱいいます。

http://junk2004.exblog.jp/13337071/

手術をしてよくなる人もいます。筋肉の攣りや脳の機能異常が全身麻酔効果や儀式的効果でオールリセットされるのでしょう。しかし再発する人もたくさんみてきました。

慢性痛にならないようにするにはなるべく早く痛みを取ってやることです。

Pain is controlled by the
brain.


痛みはヘルニアによってコントロールされているのではありません。

下の方のように、末梢(筋肉)にちょっと介入してやるだけでBrain(脳、コンピュータ)が回復することだってあります。

本を読んだだけで脳(コンピュータ)が回復したっていいんです。

心霊手術でも回復する人もいることでしょう。

しかし、また不具合が起きることがあります。

慢性化すると脳(コンピュータ)の不具合は回復が困難になってきます。抗うつ薬や抗けいれん薬といった脳に作用する薬が必要なこともあります。

脳(コンピュータ)のいい、悪いではなくて、人それぞれのコンピュータがあるということです。

加茂先生に一言お礼を ...WB

今からもう4年前になるかと思います。私は現在41歳の男です。

私の過去の症状と通院歴を書きますと、L5S1の椎間板ヘルニアと診断され、金沢市内の整形外科にてリハビリを行うも良くならず、その後は、カイロプラクティックに通うも良くならず、鍼治療を半年続けてようやく回復の兆しが見えた矢先に、激痛に襲われ歩行が困難な状態に陥りました。

寝ていると痛みはないのですが、歩くと一歩一歩進むたびに右の臀部から太ももの下、脛の外側まで筋肉が硬直して重く痛くなってしまい、10mで一休みが必要な状態でした。

会社では事務椅子にまともに座れず、とても仕事をしていられる状態ではありませんでした。

元々、鍼治療で回復していたことから、鍼の先生のところに這いずるように駆け込んだのですが、この時の症状に関しては打つ手なしという感じでした。

そんな時に、苦しみながら運転し向かったのが加茂先生のところです。待合室で待っているのも苦しく、椅子に寝ながら午後の診療を待っていたのに、30分後には普通に歩行でき、運転も問題なく帰宅できたのです。

もっとも麻酔であるため、時間が経過すれば再び同じ症状が出るだろうけど、それを繰り返しながら、痛みの回路を断ち切ることができれば良いと思っていたのですが、時間が経過しても痛みが復活することはありませんでした。

先生からはまた来るようにと言われていたので、一週間後にも診察を受けましたが、実際はこの時にはすでに痛みはありませんでした。

今から考えますと、自分の場合は慢性痛の症状をかなりの時間経験してはいましたが、鍼治療を半年ほど受けており、すぐにトリガーポイント注射が効く状態にあったのではないかと思います。

なお、その後金沢から千葉に転勤してしまい、お礼を言うことができませんでしたが、改めて先生ありがとうございました。

4年経過しても普通に生活をしております。

掲示板を閲覧されている方々も必ず治ることを信じてご自愛ください。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-09-28 14:02 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症で痛みやしびれが出...      厚労省が慢性痛を認めたというこ... >>