心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 29日

脊柱管狭窄症で痛みやしびれが出るはずがありません

理論的に破綻しています。

http://junk2004.exblog.jp/13049330/

「70歳代の健康な高齢者の6割以上は画像上では脊柱管狭窄をきたしているというデータもあるんです。」

「ヘルニアがある人でも全員が痛いわけではない。狭窄もヘルニアもある意味、加齢による顔のシワと同じようなものだから。」


神経性間欠性跛行なんてばかげたことをいうものではありません。

神経にそのような疲労現象が起きるなんてことは生理学で聞きません。

しばらく歩くと下肢が痛くなり、休むと治るなんていうのはまさに筋肉の性質です。

馬尾型は痛みがなく麻痺で、神経根型は痛み、その混合型もある・・・・圧迫を受ける場所が違うと麻痺だったり痛みだったりする、混合型ってのは痛みと麻痺?

いかにも馬鹿げている。

後ろに反って痛いのは脊柱管狭窄症で前にかがんで痛いのはヘルニア・・・

なんでこんな馬鹿げたことに批判の声があがらないのか?

この馬鹿げた説のために困っている人が大勢います。

http://junk2004.exblog.jp/13330597/


先日の掲示板から

私の父(60代後半)が、8月半ばに『腰部脊柱管狭窄症』ので手術を受け、担当医からは「手術は無事に終わりました」と言われたのですが、その後、日に日に全身の筋力が低下し、呼吸も浅くなってきました。

今では手術前よりも歩行が困難になっています。歩く時は歩行器使用です。手も足も力が入りづらく、呼吸が苦しいので会話も長く出来ません。

こういった状態であるので、検査をされるのですが、どこにも異常は見られないと言われます。原因が分からず、本人も家族も毎日不安です。

ここまでに達するには、非常に長い時間が掛かっていまして、5月に初めて診察を受けた際には、「ヘルニアです」と言われただけで、「ヘルニアにしては、わからない症状がある」とも言われ続けていました。

その後、繰り返し色々な検査を受けたものの、ハッキリとした答えが出ず、その間に急激に筋力が低下し、痛みも増したため、急遽8月に入院することになり、造影検査でようやく『腰部脊柱管狭窄症』だと診断されました。この時点で、5月からの3ヶ月で7キロほど体重が激減してしまいました。

手術を受けてから現在まで、胸から腹部に掛けて苦しく食欲も沸かないと言うのですが、それでもなんとか食事を口にしています。全量を食べられないこともあり、入院当初から2ヶ月弱で更に5キロほど減りました。体力がなくなる一方で、家族もどうしていいのか... 藁にもすがる思いです。


この症例は、文章だけで考えるとまず思いつくのはうつ状態に伴ったMPSです。

脊柱管狭窄症の手術をしてもよくならない人は当院にもたくさん受診されます。

手術成績が悪いし、生理学的にも説明不能な説が信じられているのはとても不思議なことです。

私の著書の中に「内科医がTPBを実践」という項があります。

内科医の70歳代の奥さんが半年以上、腰下肢痛でいろいろ治療を受けてきたが改善しなかった。そこ2日間、私のところに治療に来て、方法を見学されていかれて実践されてよくなったという話です。

その内科医から先日メールをいただきました。

ご無沙汰しています。

ますますご発展の御様子に陰ながら喜んでいます。家内はその後痛みは無く、先日、東京ディズニーランド、シーを二日間で二万歩近く歩きましたが翌日も痛みは全くありませんでした。

ただ側湾(腰椎)のためか休むと消える左の季肋部の軽い痛みがあるようです。以上、ご報告します。 ご自愛の程を。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-09-29 01:49 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 椎間板ヘルニアで痛みやしびれが...      椎間板ヘルニアで痛みやしびれは... >>