心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 21日

椎間板ヘルニアが痛みやしびれを起こすか?

掲示板に次の質問がありましたので考えを述べます。
「インターネット掲示板に、椎間板ヘルニアの正体は繊維輪など深部の組織の損傷。この時に障害部位を防御しようと脳が筋収縮を促し、痛みの増強を図る。いわゆる、痛みの悪循環と言う奴だ。この悪循環だけが残った物が劇症腰痛慢性型の正体。」と書かれていたのですが、本当なのでしょうか?


ヘルニアの痛みについて述べるとき、次の2つを考えてみる。

①ヘルニアが神経を圧迫するために下肢に痛みやしびれが生じる(根性痛)。

②ヘルニアという組織損傷のために、おもに腰部に痛みが生じる。

①は生理学的にそういう事実が示されていません。

②について考えてみます。これは、なにもヘルニアだけに限ったことではありません。椎体の圧迫骨折、半月板の損傷も同じことがいえます。

ヘルニアになるのはたぶん次の二つがあると思います。想像です。

(1)いつのまにかヘルニアになっていた。

(2)大きな外力が加わって一挙にヘルニアが生じた。

_______________

(1)いつのまにかヘルニアになっていた。

日常生活動作、姿勢あるいは慢性的な筋肉のこわばりなどのために、いつのまにかヘルニアが生じていた。

このようなケースは考えられる。60歳以上の健常者の79%にヘルニアがみられたという報告がある。

この場合はたぶん、ヘルニアによる痛みはないものと思われる。

(2)大きな外力が加わって一挙にヘルニアが生じた。

たとえば、重いものを持ち上げたとき、転倒したとき、咳をしたときなど、急激に大きな力が加わってヘルニアが生じた。

筋肉のスパズムが先か、ヘルニアが先か、あるいは同時か?

痛みの治療と構造の治療は別問題で、並行して行えばいいのです。

この場合は痛みの治療だけでいいのです。

>この時に障害部位を防御しようと脳が筋収縮を促し、痛みの増強を図る。

外傷が生じると反射的に筋収縮が起こるが、一過性ではないか。

ヘルニアの部位と痛い筋肉とはあまり関係がなさそうだ。

ヘルニアの有無にかかわらず、同じ受傷機転で同じような筋肉を傷める。


[PR]

by junk_2004jp | 2010-10-21 13:53 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< なにこれ珍診断      第6回MPS研究会 >>