心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 06日

患者さんからの手紙

大変ご無沙汰しております。

先生は毎日、たくさんの患者さんの相手をなさっているので、私のことは憶えていらっしゃらないと思います。

私はちょうど一年前の今頃、加茂先生に治療していただいたSと申します。

下肢に痛みが出たので整形外科へかかったところ、即、レントゲン、MRI、という手順で検査にまわされ、その結果、医師の思った通りの証拠物件(笑)つまり「ヘルニア」が非常に綺麗に素人目にも分かりやすく映っておりました。

そして、その医師は確証を得たとばかりに、その画像を眺めながら「これは典型的なヘルニアですね。これじゃあ痛いわけですよ。神経を圧迫しているんだから。」と自信満々でした。

この時の私は座位もできない、歩くこともできない、そんな状態の中、医師からは今後の治療法告げられず、ただ安静にするように言われ、手術は受ける気はないという私に「おしっこが出なくなくなったりした場合手術が必要です」といわれました。

本当に先の見えない暗闇にいるようで、どっと落ち込みました。

言われるままに、また、実際に横になることしかできなかったので、安静にして過ごす日々が10日近く経過していた頃でしょうか・・・何かおかしい、この痛みは本当にヘルニアが原因の痛みなのだろうか、安静にしているだけで治るものだろうか。

この引っ張られるような攣るような痛みは何なのだろうか・・と自分の中で様々な疑問点や好奇心がわき起こってきました。

そんなとき携帯電話のサイト検索で加茂先生の提唱される考え方に出会ったわけです。

この時の感動(大げさかもしれませんが、事実です!!)は、今でも鮮明に思い起こされます。

本当に論理的な主張であるし、痛みを受けている当事者として、この痛みの根拠を明白に説明し納得させてくれるほどの確かさが、どれほどに患者を勇気づけるか、私は本当に救われる思いがしました。

・・・・・早速、加茂先生の治療を受けたいと強く思い、羽田で乗り継ぎをして小松まで飛びました。

石川県を訪れるののも初めてのことで、まさか病気の治療で小松市に行こうとなどと、それまでの人生では思いもしなかったことですが、あの恐ろしい痛みを何とかするには、先生の病院に行くことが、ごく当たり前の流れだったと思います。

往きの飛行機の中では本当に痛くてシートに座ることができず(座位が困難、座るとどこかの筋肉が突っ張る)3人分の座席を使わせて横になっていたことが、まるで嘘のように、復路では座席に裕に腰かけていた自分を客観的に見て、思わず笑いと涙の両方が込み上げてきたことを思いだします。

その後、何度かメールにて相談させていただきましたが、私の筋痛症は小松でのたったの2回のトリガーポイントブロック注射大変大きな効果がでました。

本当に加茂先生のおかげで早い段階で、つまり急性痛の段階で治癒しました。

ただその後いろんな不安やストレスから痛みに対して敏感になってしまうことがありました。

痛みと精神面との関連性は実は私たち人間の考える以上に深いものがありますね。心身症についても認識が新たになりました。

秋になり衣替えをして、この冷たくなってきた空気の感覚が昨年の今頃のことを思い出させ、毎日痛みと共に生活していた時のことが懐かしく感じられました。

それというのも、今は、痛みから解放された余裕があるから言えることです。

改めてお礼うぃお申し上げたくお手紙を書くことにしました。それではまた。


お手紙、ありがとうございます。

急性痛は比較的簡単に治ります。

痛みとストレスの関係に気づくことです。

なによりも重要なのは、ヘルニアで痛みは生じないという事実を理解することです。

ヘルニアは外力や筋肉のスパズムによる短縮の結果でしょうが、痛みの原因ではありません。このことが早期に理解できたことがよかったですね。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-11-06 21:19 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 脊柱管狭窄症とは何ぞや!!      国際腰痛学会(ISSLS) >>