心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 10日

脊柱管狭窄症とは何ぞや!!

b0052170_2254134.jpgAさん(80歳代、女性)は3年前より図のように痛みがあり、脊柱管狭窄症という診断を受けています。

いろいろ治療しましたが、よくなりません。私の本を読んで、遠方から来院されました。

TPBを2日間行いました。症状はとても改善しました。

_______________________

次は40歳代の男性が、数日間、滞在して治療された方からいただきました。

きょうさく症と言われ早三年。 目の前が真っ暗になり、心と体の動きに制限速度が掛かっておりました所、加茂先生に出会えて、制限解除となれそうな気がしておりす。

因みに、**までの約500キロひとりで運転出来た事が自信に繋がっております。


________________________

次はある方からいただいたご相談のメールです。

父は現在7*歳です。4年前になりますが「脊柱管狭窄症」で拡大開窓術の手術を行いました。

手術前の医師の話では手術をすれば「5年は歩けます」と言われ成功したとの事でしたが、現実は半年もたたずに元の状態より悪化してしまい今では10m歩くのが精一杯になってしまいました。
脊柱管狭窄症は大流行りで、下肢・腰が痛いとかしびれるという人にはたいがいヘルニアか脊柱管狭窄症という診断がつけられます。

この病態説明、痛みやしびれの理論はどうも納得のいくものではありません。

ヘルニアなら神経根の炎症、脊柱管狭窄症なら神経根の血流障害、なんかご都合主義みたい。

馬尾神経圧迫なら麻痺、神経根圧迫なら痛み・・・生理学的にもめちゃくちゃ。

だから治療法も間違っているのではないだろうか。

筋痛症を知っていれば、何のことはない。腰や下肢の筋痛症だということがすぐに理解できる。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-11-10 23:11 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by タク at 2010-11-10 23:43 x
胸郭出口症候群なら何か?
肩甲上神経絞扼なら何か?
手根管症候群なら何か?
梨状筋症候群なら何か?

つづきが知りたい。
Commented by TORIO at 2010-11-11 21:18 x
今晩は。ご無沙汰しております。
加茂先生にお会いして以来、普通に生活できておりますが、まだ少し痛みは残っていますので、久しぶりに地元公立大学附属病院のペインクリニックに行ったのですが、ペインクリニックの痛みの捉え方は5年前と比べ大きく変わったと感じました。ある意味、言い方は悪いですがペインクリニックは無責任な整形外科医が「さじを投げ」て送り込まれて来た人達がやってくるところです。何が変わったかと言えば、仙骨ブロックや硬膜外ブロックを殆どやらなくなったのです。仙骨ブロックをやって欲しいと言っても、してくれません。加茂先生の言われているTPBが中心です。5年前は仙骨ブロックや硬膜外ブロックをするのが、普通でした。当時は神経の癒着が痛みの原因と言われましたが、今回は筋肉の問題だと仰っています。間違い無く確実に加茂先生が仰ている方向に進んでいます。整形外科が変わってもらわないと、まだまだ痛み難民は増えますよ。尖閣じゃありませんが、政府は国民に真実を明らかにする必要があります。
Commented by junk_2004jp at 2010-11-12 00:27
そうですね。

痛みに関しては残念ながら専門医が間違っていたのです。
Commented by まゆみ at 2010-11-25 23:41 x
私の父も最近腰の痛みがひどくて近くの市民病院に通いましたが、狭窄症と言われ痛み止めしかもらえず、毎日痛く痛み止めを飲む毎日です。心臓が悪くカテーテルの手術をしたことがあるので、変に薬も飲めずどうしたらよいかわかりません。心臓手術も10年前の事なので薬は飲み続けています。 どう対処していいのか悩んでます。
Commented by junk_2004jp at 2010-11-26 18:09
筋筋膜性疼痛症候群でしょう。トリガーポイントブロックが効果的だと思います。

テニスボールマッサージも効果があると思います。


<< 慢性痛元年      患者さんからの手紙 >>