心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 12日

慢性痛元年

リリカのパンフレットより

b0052170_2151625.jpg

b0052170_2153943.jpg


慢性痛を作らないためには早期に痛みの治療を始めることです。

早期診断といっても構造診断をしたところで、構造を治さなければ痛みが治らないと思ってしまいます。

構造の治療と痛みの治療は別のことです。

それぞれ別々にすべきことです。

構造を治せば痛みが治るというものではありません。

下図の病名分類は私は疑問を持っています。

多くの医師も分かっているようで分からないのではないでしょうか?

坐骨神経痛が「末梢性神経障害性疼痛」?

手根管症候群は「末梢性神経障害性疼痛」?

頸椎症性神経根症が「末梢性神経障害性疼痛」?

三叉神経痛が「末梢性神経障害性疼痛」?


痛みには時間的要素が絶対に必要です。

昨日から痛い腰痛と5年前から痛い腰痛を同じ病名でしか表現できないのです。

MPSという最もありふれた痛みの概念がないためこのようなちょっとへんてこな表になってしまっているのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2010-11-12 02:29 | 慢性痛 | Comments(9)
Commented by 患者 at 2010-11-12 17:29 x
先生のところでもリリカの処方を開始しているのでしょうか?
リリカに大変興味をもっている患者です。

Commented by junk_2004jp at 2010-11-12 18:02
はい、しています。
Commented by 患者 at 2010-11-12 19:17 x
慢性痛はなかなたTPBだけでは改善しない場合もあると
思いますが、リリカはそのような患者にも効果はありそうですか?
痙攣薬、うつ薬が効果あることも先生の本で学びました。
これらと比べて、リリカの効果はどうでしょうか?
当然、患者によって違うことは百も承知でお聞きしております。
差し支えない範囲で、先生のご意見をいただけたら幸いです。
Commented by junk_2004jp at 2010-11-12 22:25
もちろん効果のある人もいます。ただどれだけの量で効果がでるのかわかりにくい。
Commented by タク at 2010-11-12 23:14 x
日経メディカルオンライン 2010/11/11

>【適応拡大】プレガバリン
>リリカ:糖尿病性神経障害の痛みや三叉神経痛にも使用可能に
>
>北村 正樹=慈恵医大病院薬剤部

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201011/517360.html
Commented by 患者 at 2010-11-12 23:21 x
先生、タクさん有難うございました。
ガバペンに似ているのですね。
Commented by kon at 2010-11-14 00:02 x
サインバルタもお願いします。
Commented by たお at 2010-11-21 21:19 x
リリカって安全ですか?
高級な治療役ですか?
一ヶ月agaのクスリのように一万円以上も三割負担でもかかりますが? 低所得でビビっています。
Commented by junk_2004jp at 2010-11-21 22:44
副作用のない薬はありません。厚労省が認可したのですから、一定の基準はクリアしたのでしょう。


<< わかさ2011年1月号      脊柱管狭窄症とは何ぞや!! >>